11月18日~2021年2月26日

CN-202
INTER BEE CONNECTED 企画セッション
11月19日(木)
13:00〜14:30

デジタルデータはアナログラジオをどう変えるか?

講演映像を視聴するには、ログインが必要となります。
ログイン頂くとプレイヤーが表示されます。

アーカイブ配信期間:2021年2月26日まで
長らく一方向メディアであった放送にとって、ユーザーデータをどう収集、分析し、それをコンテンツ制作やサービスにつなげていくかは最重要課題である。ラジオ各局はいま、radikoのデータプラットフォ―ム(radikoViewer)を活用し、リスナー動向をリアルタイムで把握したり、ラジオ聴取後にリスナーがどのような行動したりするのかを把握し、それを番組制作や広告ビジネス、イベント集客、コアファン育成などへ活用している。本セッションでは、radikoViewerの活用を進める局に登壇いただき、テレビのデータ活用の将来像も想起しながら、放送局のデータ活用の可能性を考えていく。

モデレーター

須賀 久彌 氏

株式会社TVer
取締役

須賀 久彌 氏

パネリスト

山本 剛志 氏

株式会社FM802
802編成部長

山本 剛志 氏

小向 国靖 氏

株式会社J-WAVE
コンテンツマーケティング局デジタルマーケティング部長

小向 国靖 氏

萩原 慶太郎 氏

株式会社TBSラジオ
UXデザイン局 UXプランニング部長

萩原 慶太郎 氏

岡田 真平 氏

株式会社radiko
取締役

岡田 真平 氏