Inter BEE 2020 Online 11.18(Wed.)-20(Fri.)

キャプション
映像制作/放送関連機材 2019.06.20 UP

【NEWS】シャープ 法人向け8Kソリューション開発の起点に「8K Labクリエイティブスタジオ」を東京ビルにオープン

IMG
8K Labクリエイティブスタジオ

 シャープは6月19日、8Kの映像制作が可能な法人向け商談スペース「8K Labクリエイティブスタジオ」を東京ビルにオープンした。「8K+5Gエコシステム」をテーマとする専用の商談室で、商談スペースのほかに次のような常設エリアがある。
 ○8Kの映像制作を簡単に体験できる「8Kカメラの撮影エリア」
 ○8K映像データを公衆インターネット回線経由で伝送させる「8K映像のIP伝送エリア」
 ○8K映像の簡易編集を可能にする「8K映像の編集エリア」

個別の要望に応じた最適なソリューションを提供

IMG
編集エリア2

IMG
撮影ブース

 「8K Lab」は、シャープの8K技術開発、8Kビジネスの関連組織からなる組織横断型プロジェクトで、昨年12月14日に発足。「インフラ保守」「セキュリティサービス」「スマート会議」「ゲーム・エンターテイメント」「遠隔医療・手術支援」「運転サポート」「教育支援」「スマートホーム」の8つの事業分野におけるソリューションを開発する。「8K Labクリエイティブスタジオ」では、顧客企業の個別の要望に応じたハードやソフトの追加による最適なソリューションを提供する。
 社外のパートナー企業とも密接に連携しながら、顧客企業と共創して専用の8Kソリューションをいち早く開発し、社会に普及させていくという。

8K Labクリエイティブスタジオ概要

IMG
IP伝送エリア

○8Kカメラの撮影エリア
シャープの8Kカムコーダーを中心とした撮影ブース。カムコーダーを移動させれば、コンテンツとして使える屋外の風景も撮影可能。撮影した映像は、圧縮・復元処理を経てライブ映像として8Kディスプレイに表示される。
 <機材>
 8Kカムコーダー(シャープ「8C-B60A」)
 クロスコンバータ(アストロデザイン「SC8219」)
 エンコーダ (ソシオネクスト開発機)
 デコーダー (シャープ開発機)
 8Kディスプレイ(シャープ「LC-70X500」)

○8K映像のIP伝送エリア
シャープの堺事業所に設置されたクラウドサーバーと接続し、8K映像を公衆インターネット回線経由でストリーミング伝送するデモを実施。
 <機材>
 デコーダ(SPIN DIGITAL「8KPlayer」)
 IP配信用UIタブレット(「Dynabook S80」)
 8Kディスプレイ(シャープ製「LC-70X500」)

○8K映像の編集エリア
編集環境に加えて、編集した映像をその場でプレビューできる。
<機材>
 編集PC(市販PC)
 編集ユニット(ブラックマジック「Davinci Resolve 16」)
 編集用モニタ(シャープ「PN-K321」)
 プレビュー用8Kモニタ(シャープ「8T-C60AW1」)

  1. 記事一覧へ