Inter BEE 2022

キャプション
映像制作/放送関連機材 2021.12.28 UP

【NEWS】キヤノン 業務用4K/HDRディスプレイ「DP-V1830」1月中旬発売 高画質エンジンの性能向上で100万:1の高コントラスト性能を実現

IMG

キヤノンは、業務用4K/HDRディスプレイ「DP-V1830」を2022年1月中旬に発売すると発表した。放送局や映像制作現場での4K/HDR映像の画質確認に適している。

キヤノン独自のバックライトシステムを搭載。HDR映像制作(ITU-R BT.2100、EBU TECH3320、Dolby Vision)で定められている1000cd/㎡に加え、全黒輝度も0.001cd/㎡を達成し、100万:1という高いコントラスト性能を実現している。

高画質エンジンのハードウェア性能を大幅に進化させることで、LEDの発光量を個々に制御してコントラスト比を高めるローカルディミング制御をより緻密に行える。隣り合うLEDの光の影響による、明部と暗部の境界の光漏れを抑制し、本来暗い箇所は暗く明るい箇所は明るく表示することで、メリハリある高コントラスト表示を実現。
全白・ピーク輝度1000cd/㎡を実現しつつ、放送やシネマの映像制作で重要な黒の表現力が向上したことで、夜景や花火シーンなどで暗部の階調表現を正確に表現することができる。

HDTV放送規格ITU-R BT.709やUHDTV放送規格のITU-R BT.2020、デジタルシネマ規格DCI-P3やAMPASが提唱するカラーマネジメント規格ACESの伝送規格ACESproxyに対応し、広色域映像が持つ色を忠実に再現することができる。

独自の光学設計により、視野角による輝度・色変化量が従来機種に比べ半分に抑制。斜めから見ても輝度・色の変化が少ない映像表示が可能。複数の人が同時にモニタリングを行う場合も、正確な画質確認ができる。

12G-SDI端子(IN/OUT各4系統)を搭載。12G-SDI対応ケーブル1本で4K 60P映像入力できる。4系統の4K 60P映像を2Kサイズに縮小して2画面/4画面表示も可能。1系統の8K 60P映像を4Kサイズに縮小した表示もできる。2022年夏に、有償で将来の機能拡張を実現するためのMULTIFUNC. SDI OUT端子を追加する予定。

2022年夏には、無償ファームウェアアップデートで以下の機能を追加予定。
入力映像信号の2画面/4画面個別画質設定
色度図表示(全画素の分布表示)
波形モニター RGBパレード表示
SD-SDI対応

  1. 記事一覧へ