Inter BEE 2022

キャプション
映像制作/放送関連機材 2021.08.01 UP

【NEWS】ブラックマジックデザイン  BLACKMAGIC STUDIO CAMERAを発表

IMG
Blackmagic Studio Camera

ブラックマジックデザインは7月29日、ライブプロダクション用のBlackmagic Studio Cameraの新シリーズを発表した。
プロ仕様の機能を搭載し、現場ですばやくセットアップが可能なオールインワン・デザインのコンパクトなカメラ。カーボンファイバー強化ポリカーボネート製のボディに、7インチのビューファインダーを搭載しタッチパネルで操作が可能。明るさ、コントラスト、フォーカスピーキングなどの操作ができる。トークバック、タリー、カメラコントロール、内蔵カラーコレクター、USBディスクへのBlackmagic RAW収録など、多くの高度な機能を搭載している。
従来の大型のスタジオカメラと比較し、移動やセットアップが格段に簡単になっている。
価格は$1,295。

■13ストップのダイナミックレンジ

IMG
7インチモニター

コンパクトなボディに大型のスタジオカメラと同じ機能を実装。デジタルフィルムカメラのダイナミックレンジおよびカラーサイエンスに対応し、厳しい照明条件でもシネマライクなルックのイメージを得られる。 -12dB(100 ISO)から最大 +36dB(25,600 ISO)までのゲインをサポート。イメージ内のグレインまたはノイズを最小限にするよう最適化されている。ゲインは、カメラで設定するほか、SDIおよびイーサネットのリモートカメラコントロールを使用して、スイッチャーからリモートで設定できる。

カラーコレクターはスイッチャーからコントロールすることも可能。13ストップのダイナミックレンジで、暗い黒から明るい白までキャプチャーできるので、カラーコレクションに最適である。センサーは4096x2160解像度に対応しており、HDおよびUltra HDのどちらの作業にも適している。さらに、全モデルで23.98~60fpsまでをサポート。

■10Gイーサネットでカメラコントロール、給電にも対応

IMG
カメラ左面のインタフェース

MFTレンズマウントを搭載。オプションのフォーカスおよびズームデマンドで三脚ハンドルからレンズを調整できる。

SDIインタフェースにトークバック機能を内蔵。トークバック用のコネクターはカメラの側面に付いており、標準的な5ピンXLRの放送ヘッドセットに対応している。そのほか、タリー、カメラコントロール、収録トリガーに対応したHDMIが搭載。さらに、ヘッドフォンおよびマイク接続、そして2つのUSB-C拡張ポートも搭載されている。

12G-SDI、10GBASE-Tイーサネット、トークバック、バランスXLRオーディオ入力にも対応。カメラ接続のための10Gイーサネットは、1本のケーブルでビデオ、タリー、トークバック、カメラの電源を送信できる。カテゴリー6Aの同軸イーサネットケーブルを使用しているのでSMPTEファイバーと比べて低価格。

■ 高品質の12-bit Blackmagic RAWファイル対応

IMG
カメラ右面のインタフェース

高速USB-C拡張ポートにより、高品質の12-bit Blackmagic RAWファイルを収録できる。

Blackmagic RAWを使用することで、H.264などのファイルフォーマットで生じるノイズやアーチファクトの問題を解決できる。カメラ設定をメタデータとして保存するため、ISO、ホワイトバランス、露出をDaVinci Resolveで後から変更可能。ファイルは容量が小さく高速なため、編集の反応性も非常に優れている。

■内蔵マイク用に超低ノイズのマイクプリアンプを搭載

内蔵マイクは、耐衝撃/耐風設計のため、厳しい環境下でも優れたサウンドを得られる。ビデオカメラマイク接続用の3.5mmオーディオ入力、3.5mmヘッドフォンジャックも搭載。2チャンネルのバランスXLR入力は、+24dBuのLineレベルをサポート。
P48ファンタム電源を備えた超低ノイズのマイクプリアンプ、そして-131dBV(A)の等価入力ノイズ(E.I.N.)に対応。さらに、117dBのハイダイナミックレンジのアナログ - デジタルコンバーターを2つ搭載している。

すばやくマウントしてセットアップできるよう削り出しメタルの三脚マウントおよびクイック・マウントプレートが同梱されている。クイック・マウントプレートを使用すれば、カメラを三脚にスライドでき、カメラを前後に調整することで、カメラのポジションを最適なバランスに調整できる。

多くの電源オプションに対応。全モデルがロック式の12V DC電源を搭載しているので、誤って外れることはない。イーサネット接続からカメラとアクセサリに給電可能。大容量電源に対応しており、PoEをイーサネットケーブルに追加できる。

  1. 記事一覧へ