Inter BEE 2020 Online 11.18(Wed.)-20(Fri.)

キャプション
プロオーディオ 2019.12.13 UP

【Inter BEE 2019 TV】タックシステム DirectOut Technologies社製PRODIGY.MCなどを出展

タックシステムはInter BEE 2019で、DirectOut Technologies社製PRODIGY.MCなどを出展する。


PRODIGY.MCは、多種多様な I / O、ネットワークオーディオ、強力なハードウェアとソフトウェアを提供し、複数のフォーマットをサポートするモジュラーオーディオコンバーター。

プロオーディオ、ブロードキャスト、設備機材、スタジオアプリケーション等、多数のワークフローに対応するように設計されており、Dante、RAVENNA、SoundGridなど最新のオーディオネットワーク技術をサポート。

各種のリモートオプションにより、チャネルベのルーティングマトリクスや、ハードウェアの設定項目にアクセスできまる。I/O部分は、完全にモジュール化されているため、あらゆる用途に対して構成することができ、予算の節約につながる。また、将来のアップグレードによってグローバルメディア環境の変化に柔軟に対応できる。

DirectOut独自のRAVENNAはAES67に準拠しており、冗長ストリーミング用にSMPTE ST2110-30およびST2022-7をサポート。 最大128チャンネルの処理が可能で、世界中の数多くの放送およびスタジオ環境において、強力で柔軟性のある高性能AoIPハードウェアソリューションであることが証明されている。

64チャンネルのDanteオプションにより、PRODIGY.MCは最も一般的なAoIPフォーマットへのアクセスを提供し、Dante対応オーディオ・コンソールのフロントエンド、またはスタンドアローン・コンバータおよびルーティング・システムとして機能する。

フロントパネルにある2つのヘッドフォン出力は、デバイスで直接I / Oのモニタリングを行う。電源も完全2重化になっており、アナログ、AES3、MADIの各モジュールにもリダンダントを割り当てることが可能。ネットワークモジュールの内部スイッチは、ネットワークドメインの冗長性も保証。 DanteモジュールはDante冗長モードをサポートしているが、RAVENNAモジュールはST2022-7に従ってストリーム冗長性を提供する

タックシステム(株)
http://www.tacsystem.com
映像制作/放送関連機材部門 / ホール6 / 小間番号6304

  1. 記事一覧へ