Inter BEE Online Inter BEE 2020  11.18-20

キャプション
映像制作/放送関連機材 2019.11.01 UP

【Inte BEE 2019】AVID 最新版 Protools、Media Composerやクラウドソリューションを出展 ハリウッドからゲストスピーカーを招いた講演や、関西テレビ8K制作事例などを紹介

IMG
昨年のInter BEE 2018におけるAVIDブース メインステージ

 AVIDテクノロジーは、11月13日(水)から15日(金)まで幕張メッセで開催するInter BEE 2019に出展する。テーマを「Powering Greater Creators」とし、NAB、IBC等で発表した最新製品や、クラウドソリューション等を出展する。

Inter BEE 2019は、公式Webサイトで⼊場事前登録受付中。
入場事前登録はこちら

最新バージョンの各種製品、クラウドソリューションを出展

 出展する主な新製品は以下の通り。 各ステーションにポッドを設け、デモを実演する。
○最新バージョンのPro Tools2019
○Avid S4
○最新バージョンのMedia Composer 2019
○Avid Cloud Solution・FastServe Streamなど最新のクラウドソリューション
 など。

国内外のゲストを招いた事例紹介

 また、会期中は毎日11時からステージにおいて、国内外のゲストを招いた事例紹介や、アップデート情報など、さまざまなプレゼンテーションを開催する。
 ハリウッドからのゲストスピーカーとして、全米公開10月18日、日本公開11月22日を予定している「ゾンビランド:ダブルタップ」のエディターDirk Westervelt氏による講演も予定している。さらに、Inter BEEで初公開となる関西テレビ放送制作の8K作品を同社の矢野数馬氏が事例紹介する。そのほか、各種ユーザーのオーディオ事例紹介、製品アップデート情報など、多岐にわたるプレゼンテーションが予定されている。

AVID製品出展企業リスト


 このほか、以下の出展企業ブースでAVID製品が紹介される予定。
■映像・放送関連機器製品
 株式会社フォトロン (ホール6 #6403)
 池上通信機株式会社 (ホール7 #7314)
 伊藤忠ケーブルシステム株式会社 (ホール5 #5108)
 共信コミュニケーションズ株式会社 (ホール3 #3508)
 三信電気株式会社 (ホール8 #8215)
 ビジュアル・グラフィックス株式会社 (ホール7 #7203)
 NIXUS 北海道日興通信株式会社 (ホール7 #7309)
 日本マイクロソフト株式会社 (ホール7 #7201)
 富士通株式会社 (ホール6 #6401・#6112)

■オーディオ製品
 株式会社メディア・インテグレーション MI事業部(ホール2 #2211)
 タックシステム株式会社 (ホール6 #6304)
 株式会社サンフォニックス (ホール2#2405)

■ライブサウンド製品
 株式会社オーディオブレインズ (ホール1 #1513)
 リワイアー株式会社(ホール2 #2110)
 株式会社サンフォニックス (ホール2#2405)

◆Inter BEE 2019 開催概要◆

■会期:2019年11月13日(水)~11月15日(金)〔3日間〕
■展示時間:11月13日(水)・14日(木)10:00-17:30/15日(金)10:00-17:00
■会場:幕張メッセ(展示ホール1~8、イベントホール、国際会議場)千葉市美浜区中瀬2-1
■入場:無料(登録制)
■主催:一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)
■後援:総務省、経済産業省(建制順)
NHK、一般社団法人日本民間放送連盟、一般社団法人電波産業会(順不同)
■運営:一般社団法人日本エレクトロニクスショー協会(JESA)
 
◆事前登録の時期、登録方法◆
 Inter BEEは無料参加できますが、事前登録制です。

  1. 記事一覧へ