Inter BEE Online Inter BEE 2020  11.18-20

キャプション
映像制作/放送関連機材 2019.10.16 UP

【Inter BEE 2019】ベトナムの放送局向けソフト開発会社 HDベトナムが初出展 日本の放送局向けに8Kクラウドシステム等をデモ 日本市場進出へ提携パートナーを募集

IMG

 ベトナムの放送局向けソフト開発会社、HDベトナム(HD Vietnam)は、11月13日(水)から15日(金)まで幕張メッセで開催するInter BEE 2019に出展する(ブース:映像制作/放送関連機材部門 / ホール4 / 小間番号4107)。ベトナムの7大放送局へ8Kクラウドシステム等の納品実績を持つ同社が、海外の初進出先として日本市場をめざす。今回の出展では、同社の製品を紹介するとともに、日本市場展開のパートナーを探すという。

Inter BEE 2019は、公式Webサイトで⼊場事前登録受付中。
入場事前登録はこちら

日本の放送市場参入へパートナーを募集

 メディア企業へ向けたトータルソフトウェアのソリューションを提供する。放送事業、企業経営全般をカバーするソフトを開発。 ベトナムの地上放送、ケーブルTV放送向けの番組制作ソフトの開発を手掛けており、隣国のラオスにもソフトを提供している。具体的には、ベトナムの7大放送局(VTV、VOV、NHNDAN、QUYOCHOI、VNEWS、QPVN、ANTV)と、国内のケーブルオペレーターVTVcab、SCTV、および、衛星放送会社K+に製品を納入しているという。
 クラウドベースの送出システムや、番組オートメーションシステム、8K対応のニュースルームなどの納品実績を持つという。

 放送局のニーズに応じたソフト開発を得意としており、ベトナムにおける実績をベースに、現在、日本の放送市場へ向けたカスタマイズと提案のためのパートナー企業を探している。HDベトナムの創業者であるNguyen Huyen Dieu氏は「日本の放送市場で、多様なプログラムの統合、調整、最適化を共同で実施できるパートナーを探している。我々のプログラム開発力で、日本の放送局における、IP化の加速に貢献できる。今回の出展では、日本の放送市場進出へ向けたアドバイスを提供してもらえる企業とのパートナーシップを組むことを目的としている」という。

 Inter BEE 2019の自社ブースでは、メディア企業向けのソフトウェア・ソリューションをトータルに展示する。ウェブベースの番組制作用ソフトを出展する。8K対応のクラウドベースのプレイアウト・サービスやオートメーションシステム、8Kニュースルームシステムなども出展する。


◆Inter BEE 2019 開催概要◆

■会期:2019年11月13日(水)~11月15日(金)〔3日間〕
■展示時間:11月13日(水)・14日(木)10:00-17:30/15日(金)10:00-17:00
■会場:幕張メッセ(展示ホール1~8、イベントホール、国際会議場)千葉市美浜区中瀬2-1
■入場:無料(登録制)
■主催:一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)
■後援:総務省、経済産業省(建制順)
NHK、一般社団法人日本民間放送連盟、一般社団法人電波産業会(順不同)
■運営:一般社団法人日本エレクトロニクスショー協会(JESA)
 
 
◆事前登録の時期、登録方法◆
 Inter BEEは無料参加できますが、事前登録制です。事前登録はこちらへ。

  1. 記事一覧へ