Inter BEE 2022

キャプション
映像表現/プロライティング 2021.12.16 UP

【NEWS】神宮外苑 絵画館でプロジェクションマッピング国際大会が開催 4日間で約4万人が視聴

IMG

12月9日から12日までの4日間、明治神宮外苑聖徳記念絵画館でアジア最大級のプロジェクションマッピング国際大会「1minute Projection Mapping Competition」が開催された。
今年は、「希望/HOPE」を作品テーマとしてエントリーした世界54の国と地域から応募した246組の作品から一次審査を経た19作品が上映され、「東京都知事賞」(グランプリ)には、インドネシアのクリエイター、THE FOX, THE FOLKSによる「THROUGH THE NIGHT」など、5つの賞が決定した。
 

■共通テーマで制作した1分間のプロジェクションマッピング作品で競う

IMG

2012年から毎年、日本の各地で開催しているプロジェクションマッピングの国際イベント。共通したテーマに関して、約1分間のプロジェクションマッピング作品で競われ、世界から優れた応募作品が集まる大会として、これまでに小田原城など国内の各所で実施しており、今回で9回目となる。今年は、東京都が共催、新宿区が後援となり、明治神宮外苑 聖徳記念絵画館で開催。エイベックス・エンタテインメントが制作を担当した。今年は、4日間で約4万人が作品上映を視聴した。

■インドネシアのクリエイターがグランプリを受賞

IMG
インドネシアのクリエイター、THE FOX, THE FOLKSによる「THROUGH THE NIGHT」が東京都知事賞(グランプリ)を受賞

プロジェクションマッピング国際大会は、世界から集まった応募作品から一次審査を通過した作品を上映し、公開審査によってグランプリが決まる。今年は、「希望/HOPE」を作品テーマとしてエントリーした世界54の国と地域から応募した246組の作品から一次審査を経た19作品が上映され、「東京都知事賞」(グランプリ)には、インドネシアのクリエイター、THE FOX, THE FOLKSによる「THROUGH THE NIGHT」など、5つの賞が決定した。

グランプリを含む受賞作品は以下の通り。

■受賞作品
東京都知事賞(グランプリ)及びオーディエンス賞
THE FOX, THE FOLKS(インドネシア)

TOKYO LIGHTS賞(準グランプリ)
Romera Diseño e infografia SL (Los Romeras)(スペイン)

審査員特別賞
Felix Frank (ドイツ)

Tokyo Tokyo賞
01iMAGE / Noguchi Kazunobu(日本)

■開催概要

●タイトル:第9回 プロジェクションマッピング国際大会「1minute Projection Mapping Competition」
●制作テーマ:「希望 / HOPE」
●会場:明治神宮外苑 聖徳記念絵画館(東京都新宿区霞ヶ丘町1-1)
●日程:2021年12月9日〜12日 ※12月12日公開審査会及び授賞式
●主催:プロジェクションマッピング国際アワードTOKYO実行委員会
●共催:東京都 
●後援:新宿区
●企画:一般財団法人プロジェクションマッピング協会(PMAJ)
●総合プロデュース:石多 未知行(PMAJ代表)
●制作:エイベックス・エンタテインメント株式会社

●審査員:
  石多 未知行(プロジェクションマッピング協会代表/大会総合プロデューサー)
  南條史⽣(森美術館特別顧問/美術キュレータ)
  真鍋 大度(アーティスト/インタラクションデザイナー/プログラマ/DJ)
  本広 克行(映画監督/演出家)
  FLIGHTGRAF / 冨吉剣人・生水真人(オーディオビジュアルユニット)
  Bart Kresa(アメリカ/BARTKRESA studio代表、マスタープロジェクションデザイナー)
  Joanie Lemercier(フランス/ヴィジュアルアーティスト)
  Julia Shamsheieva(ウクライナ/3D・モーションデザイナー)
  Hendrik Wendler(ドイツ/GENIUS LOCI WEIMA マネージングディレクター)

  1. 記事一覧へ