ライブイベント:11月18日~20日 オープン期間:2021年2月26日まで

キャプション
映像制作/放送関連機材 2019.12.11 UP

【Inter BEE 2019 TV】アスク/ディストーム 米NewTek社が推進するIP伝送テクノロジNDIを利用したソリューションや製品を紹介

 アスク/ディストームは、米国NewTek社が推進するIP伝送テクノロジNDIを利用したソリューションや製品を紹介。
  eSportsコーナーは、NewTek社ライブプロダクションシステムVMC1、スロー・リプレイシステム3Play 3P1、NDI対応PTZカメラなどNDI互換システムなどで構築されたステージで、女性eSportsプロチームCreatives様によるeSportsの実演デモを行った。さらに、NewTek社製品利用のユーザーによる事例紹介も予定した。

 CATVコーナーでは、TriCaster TC410 Plusと複数のPTZカメラをNDIで接続し、SDI/HDMI未使用の近未来型のIP映像制作ワークフローを提案する。

 NDIコーナーでは、NewTek社NRSストレージ、BridDog社製NDIコンバーターとPTZカメラ、DSTORM社のNDIから他のビデオフォーマットへの変換ソフトLiveMediaServer NDI、SimplyLive社のマルチ操作や4K対応のスロー・リプレイシステムViBOX Slomoなど展示を予定している。

ライブ・プロダクション テクノロジー業界を長年に亘って牽引するNewTek社によって開発

■NewTek VMC1システム
 NewTek VMC1システムは、今日のライブ・コンテンツ制作現場を、品質面、創造性、柔軟性、そして成果の観点において、新しいレベルへ引き上げる。
 ライブ・プロダクション テクノロジー業界を長年に亘って牽引するNewTek社によって開発されたNewTek VMC1システムは、ライブ・コンテンツ制作現場のワークフロー上で必要とされるすべてのシステム、デバイス、ソフトウェアベースの様々なツール、A/V入出力ソースを統合し、これまでにないシンプルな機器構成とオペレーションでビデオミキシング、合成、配信を提供する。

 頭の中で思い描いたコンテンツ、創造力、ストーリーは、”テクノロジー”ではなく、作り手の想像力と創意工夫で生み出される。NewTek VMC1システムは、制作側に対して、放送、演出、プレゼン、イベントといった様々なジャンルの映像制作における潜在力を高め、さらには、収益を生み出すコンテンツや投機的なプロダクション事業に対しても支援する。

<主な特長>
・最大64チャンネルソースの拡張性、マルチソースのライブ・ビデオミキシング。各ソースは、キーとフィルをサポート、また、外部入力ソースを最大44チャンネルまで同時スイッチング

・47種類のマルチフォーマットビデオ出力サポートによる柔軟、且つ、SDIまたはIP経由にて同時に4出力まで出力/配信可能

・8系統のM/EバスとPREVIZコンフィギュレーションとプレビューバスを搭載した、強力なマルチバスミックスエフェクト、ゼロ遅延のリエントリをサポート

・ライブ用途として柔軟性を持ったメディア再生(ディスクレコーダー)機能と、様々な種類のファイルフォーマットをサポートする合計75のリアルタイムマルチメディアプレーヤー

・専用モニタポート、設定可能なワークスペース、カスタマイズ可能なウィンドウを備えた、マルチビューワ機能(4モニターまで)

・広範囲のオーディオ機能をサポートする、16個の外部オーディオミキサー入力、また、4x8x8チャンネルから4つのオーディオミックス出力へのルーティング機能をサポート

・NewTek社が提供する革新的なネットワークデバイスインタフェース技術「NDI」をネイティブに統合、遅延がほぼゼロのIP上でのビデオ、オーディオ、およびデータ伝送をサポート

・IP経由で最大44系統の入力ソースと35系統の出力信号をサポート。これら入出力ソースは、物理的なコネクション等を変更無しでソフトウェアによって個々のソースごとに設定変更可能

・ネットワーク上のどこからでも事実上無制限のIPソースにリアルタイムでアクセスし、シームレスな相互入出力を可能

・何百ものメーカーおよびデベロッパーの製品との統合、ASPENおよびSMPTE 2022などの他のIP規格との互換性をサポートするIPベースのワークフロー

  1. 記事一覧へ