Inter BEE 2022 幕張メッセ:11月16日(水)~18日(金) オンライン:12月23日(金)まで

プレスリリース 2022.11.15 UP

【プレスリリース】Inter BEE 2022、幕張メッセ会場が11月16日に開幕

日本最大級のメディア総合イベントに810社/団体が出展


一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA:代表理事/会長 時田 隆仁 富士通株式会社 代表取締役社長)は、2022年11月16日(水)~18日(金)の会期にて、メディア総合イベント「Inter BEE 2022(インタービー 2022)」(会場:幕張メッセ/千葉市美浜区)を開催します。11月1日(火)よりオンライン会場もオープンしており、昨年に続き、本年も幕張メッセ会場とオンライン会場を組み合わせての開催となります。

Inter BEEは、メディア・エンターテインメント関連企業が一堂に会する、日本最大級のメディア総合イベントとして広く業界関係者に認知されており、プロオーディオ、映像、放送、通信、プロライティング、配信関連のプロフェッショナルはもとより、映像・メディア業界の技術者・クリエイター・ステークホルダーが一堂に会する展示会です。放送メディアの発展と共に歩み続け、今回で58回目の開催となるInter BEEは、「コンテンツ」を中核とし、コンテンツを「つくる(制作)」、「おくる(伝送)」、「うける(体験)」のすべてを網羅した、メディアとエンターテインメントのビジネス空間を提供します。

開催規模は、出展者数810社/団体、出展小間数1,391小間で、展示は「プロオーディオ部門」、「映像表現/プロライティング部門」、「映像制作/放送関連機材部門」、「ICT/クロスメディア部門」の4部門にて構成します。詳細は公式WEBサイト(https://www.inter-bee.com/)をご参照ください。




■メディア・エンターテインメント産業の810社/団体が最新情報を発信

幕張メッセ会場では展示ホール4~8の計5ホールを使用し、メディア・エンターテインメント産業を網羅する810社/団体が出展します。最新の機器や機材・システム、ソフトやアプリケーションなどが一堂に会し、業界の現在とこれからに向けた発信を行います。

■業界各分野の最先端を発信する特別企画

セッションと展示による、業界の各分野の先端情報を発信する特別企画を実施します。

【INTER BEE CONNECTED】

これまで放送の最前線を発信し続けてきた「INTER BEE CONNECTED」では、11月17日(木)と18日(金)の2日間、企画セッションオープンステージ(展示ホール7)において、サッカーW杯直前での変化するスポーツ視聴をテーマとしたセッションをはじめ、これからの放送メディアが果たすべき役割やクリエイターが主役となるメディアコンテンツなどのセッションを実施します。先進テクノロジーから放送コンテンツの次の可能性を発信し、新たな進化に向けた提案や放送と新しいビジネスの互いの価値が発見できる場として展開します。

【INTER BEE IGNITION×DCEXPO】

メディアとエンターテインメントの先端テクノロジーを発信してきた「INTER BEE IGNITION」は、本年よりデジタルコンテンツEXPOと融合して、「INTER BEE IGNITION×DCEXPO」として実施します。企画セッションはすべてオンライン配信となりますが、幕張メッセ会場では先端コンテンツテクノロジを展示するブースやVR体験コーナーを設置するなど、先進映像技術や先端コンテンツ制作技術を広く発信します。

【INTER BEE CREATIVE】

映像コンテンツ制作の最新情報を発信する「INTER BEE CREATIVE」では、昨年に引き続きインカメラVFXを中心としたバーチャルプロダクションをトピックにして、関連機材を展示している出展ブースの紹介やピッチプレゼンを実施します。11月16日(水)の企画セッションオープンステージ(展示ホール7)においては、バーチャルプロダクションによる国内での映像制作の実例をテーマとしたセッションなど、映像コンテンツ制作の最前線を発信します。

【INTER BEE IP PAVILION】

放送システムのIP化の最新情報を発信し続ける「INTER BEE IP PAVILION」では、今回は関連メーカー・ベンダー40社が参加協力し、放送局の主要な設備がIP接続されたMOC(メディアオペレーションセンター)をイメージして展開します。開催期間中は、このINTER BEE IP PAVILIONでの取り組みをツアー形式で紹介する「INTER BEE IP PAVILIONツアー」も実施。また、放送システムのIP化の最新情報を発信する「リレー技術セミナー」もリレーセミナー会場(展示ホール7)にて実施します。

【INTER BEE EXPERIENCE X-Speaker】

国内最大のSRスピーカー試聴イベントとして、音響関連業界のみならず幅広くメディア・エンターテインメント業界から支持されてきた「INTER BEE EXPERIENCE X-Speaker(SRスピーカー体験デモ)が、2年間の休止を経て3年ぶりに幕張メッセ・イベントホールにて開催されます。今回は、国内外主要スピーカー10ブランド・11製品システムが参加し、11月17日(木)と18日(金)の2日間で実施。1日で11製品システムすべてのデモが視聴できます。

■特別企画基調講演などのコンファレンスを幕張メッセの国際会議場で実施

オンライン会場にて、オープニング&キーノートをはじめとするセッションを配信していますが、本年は幕張メッセ会場において特別企画基調講演などのコンファレンスを開催します。

【INTER BEE FORUM】

国際会議場で開催される「INTER BEE FORUM」は、世界のメディアにおける最新キーワード「コネクテッドTV」と「FAST(無料広告型リニア配信サービス)をテーマとした「INTER BEE CONNECTED基調講演」をはじめ、新しい音創りをテーマとした「音響部門基調講演」、大阪・関西万博と先端テクノロジーをテーマとした「INTER BEE IGNITION×DCEXPO基調講演」、NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の撮影秘話を語る「INTER BEE CREATIVE基調講演」、ビッグテック4の登壇者が集まり「SDIからIP、クラウド」への道筋を考える「INTER BEE IP PAVILION基調講演」の5つの特別企画基調講演を実施します。そのほか3つの基調講演と7つの特別講演もプログラムされています。また併せて、「第59回民放技術報告会(主催:一般社団法人日本民間放送連盟)も国際会議場にて開催されます。



Inter BEE 2022 公式サイト: https://www.inter-bee.com/


          名   称 : Inter BEE 2022(インタービー 2022)
会   期 : <幕張メッセ> 2022年11月16日(水) ~ 11月18日(金)
<オンライン> 2022年11月1日(火) 正午(予定) ~ 12月23日(金)
会   場 : 幕張メッセ および オンライン(https://www.inter-bee.com/
入   場 : 無料(全来場者登録入場制)
主   催 : 一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)







Inter BEEでは、国内外の出展企業の最新製品の展示・プレゼンテーションと、様々なテーマのコンファレンスセッションや体験イベントを通じ、近未来のメディアコミュニケーションとエンターテインメントの世界を体感いただけます。放送・通信事業者、映像・音響制作関係者はもとより、ひろく一般企業や地方自治体の広告・マーケティング担当者や、デザイン・Web制作関係者、施設・イベント関連事業者など、多くの皆様のご来場をお待ちいたしております。

ご取材のご案内(報道関係者の皆様へ)

Inter BEE 2022の幕張メッセ会場におけるご取材を希望する報道関係者は幕張メッセ2階の報道受付カウンターにてプレス登録をお願いいたします。その際、名刺を2枚ご持参いただけますよう、お願いいたします。また、会期中は受付カウンター近くにプレスルームを設置しますので、お気軽にご利用ください。オンライン会場への来訪については、別途オンライン入場事前登録をいただき、公式Webサイトよりご入場をお願いいたします。

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)経営企画本部 広報室
TEL:03-5218-1053  E-mail:press@jeita.or.jp