Inter BEE 2020 Online 11.18(Wed.)-20(Fri.)

キャプション
プロオーディオ 2019.09.18 UP

【Inter BEE 2019】INTER BEE EXPERIENCE X-Headophone/X-Microphone プロオーディオのヘッドフォン、マイクロフォンを触って試せる特別エリア 充実のラインアップで今年も開催! 

IMG

 11月13日(水)から15日までの3日間、幕張メッセで開催するInter BEE 2019の特別イベントの中で、プロオーディオの最高ブランドの新製品に直接触って試せるエリアが INTER BEE EXPERIENCE X-Headophone/X-Microphone(ヘッドフォン・マイクロフォン視聴体験展示)だ。国内外のプロフェッショナル向けの製品を実際に試聴して比べることができる。iPhoneなど、自分の音源を試すことができるのも、大きな特徴だ。

■コンテンツ制作に携わる幅広いクリエイターが対象

IMG

 4K8KやVRをはじめ映像表現が多様化・高品質化するなかで、映像と一体となった音の表現も更に重要性が増している。

 そのなかでコンテンツ制作のツールとして、欠くことのできないマイクロフォン、ヘッドフォン。昨年も、新しい感性や表現を求める若いクリエイターやその卵たちが、真剣に高品質の音と向き合う姿が多く見られた。

 X-Headphone X-Microphoneのエリアには、音響や放送局関係者から学生まで幅広い層の来場者が訪れ、思い思いに試聴をしながら広い会場を巡る姿が見られるが、昨年はデジタルコンテンツEXPO が同時開催となったこともあり、コンテンツ制作に携わる若いクリエイターなど映像制作のプロやそれを目指す学生も数多く来場していた。

IMG

■昨年は過去最大のヘッドフォン10ブランド、マイクロフォン12ブランド
 今年で4回目となるX-Headophone/X-Microphone。出展するブランドは、9月末には発表となる。昨年は、ヘッドフォン10ブランド10ブース、マイクロフォン12ブランド10ブースという過去最大規模のラインアップが出そろった。

 ヘッドフォンのSOUND WARRIOR、STAX、PHONONと、マイクロフォンのRoswell Pro Audio、Ehrlund Microphones、マス工房の合わせて6ブランドが初登場となり、従来からのおなじみのブランドと共に、それぞれに来場者からの注目を集め、3日間で4,300人を超える来場者が集まる盛況となった。

 さて、その人気のX-Headophone/X-Microphoneが今年も開催される。気軽に自由に最高品質の音を体験できる場として、Inter BEEのプロフェッショナルオーディオのエリアに定着してきたエリアとして、オーディオのプロフェッショナルに限らず、コンテンツ制作に携わる多くの方に、高品質な音をぜひ体験していただきたい。

【Inter BEE 2019 開催概要】

■会期:2019年11月13日(水)~11月15日(金)〔3日間〕
■展示時間:11月13日(水)・14日(木)10:00-17:30/15日(金)10:00-17:00
■会場:幕張メッセ(展示ホール1~8、イベントホール、国際会議場)千葉市美浜区中瀬2-1
■入場:無料(登録制)
■主催:一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)
■後援:総務省、経済産業省(建制順)
NHK、一般社団法人日本民間放送連盟、一般社団法人電波産業会(順不同)
■運営:一般社団法人日本エレクトロニクスショー協会(JESA)
 
 
◆事前登録の時期、登録方法◆
 Inter BEEは無料参加できますが、事前登録制です。事前登録は、9月末からInter BEE Online上で実施します。

  1. 記事一覧へ