ライブイベント:11月18日~20日 オープン期間:2021年2月26日まで

キャプション
映像制作/放送関連機材 2020.10.27 UP [ PR ]

【Inter BEE 2020】平河ヒューテック 光伝送装置 HOL-CBXシリーズ、小型 多ポート SDI/IP Gateway装置 HOL-PB-LT、管理型ギガビットL2スイッチングハブ「HS-624MA-4X-PTP」を出展

IMG
(左)CWDM 光伝送装置 HOL-CBXシリーズ、(中)小型 多ポート SDI/IP Gateway装置「HOL-PB-LT」、(右)管理型ギガビットL2スイッチングハブ「HS-624MA-4X-PTP」

 平河ヒューテックは、 11月18日から20日までオンラインで開催するInter BEE 2020に出展。以下の3製品を出展する。
1)中継車間の伝送や回線センター、局内伝送等の様々な現場や用途で利用可能なCWDM 光伝送装置「HOL-CBXシリーズ」
2)軽圧縮(TICOコーデック)を採用することで高画質を維持しながら帯域を抑えて4K等のSDI信号をIP伝送する小型 多ポート SDI/IP Gateway装置「HOL-PB-LT」
 3)高精度時刻同期が必要なネットワーク向け高精度時刻同期(PTP)に対応した管理型ギガビットL2スイッチングハブ「HS-624MA-4X-PTP」

ブースでは、上記3機種の製品紹介とともに、平河ヒューテックが20年以上にわたり培ってきた放送用の映像・音声・制御信号の伝送技術やIP伝送技術を生かした 各機器の製品紹介や取扱い説明、また特長を紹介した映像を用意する予定だ。

■最大18chのSDI信号を光多重伝送するCWDM 光伝送装置「HOL-CBXシリーズ」

IMG
CWDM 光伝送装置 HOL-CBXシリーズ(フロント)

 CWDM(Coarse WDM)は、光通信技術のWDM(波長分割多重方式)の1つ。HD/4K/8Kのイベント中継のほか、中継車間の伝送、回線センター、局内伝送等の様々な現場や用途で利用可能。

 4K/8K中継用光伝送装置の「HOL-CBXシリーズ」は、2〜18スロットの本体フレームを用意し、光カメラケーブルを介して最大18chまでのSDI信号を光多重して伝送する。光ファイバーを内線化することで、取扱いが容易で、ユニット交換も安全にできる。
 
また、受光状態をLEDの点滅で表示することで、中継現場での障害の確認・切り分けをサポートする。ネットワーク監視(SNMP、Telnet、WEB、Syslog等)に対応し、リモートからの設定変更、確認が可能。冗長化電源も標準装備するなど現場での安全性を高めている。
 
 アクティブ出力および、2分配出力を標準搭載(E/Oユニット・アクティブ出力 O/Eユニット・2分配出力)するほか、拡張ポートも装備しており、光カメラケーブルのメタル線にインカム及び電源を伝送できる。
 長距離対応版も用意しているほか、多彩なモジュールラインアップで中継制作をサポートする。

IMG
CWDM 光伝送装置 HOL-CBXシリーズ(リア)

○主なモジュール
 ・SDIモジュール(12G/3G/HD/SD-SDI、DVB・ASI、MADI、CLK信号など)
 ・モノラル4CHアナログ音声モジュール(低遅延)
 ・メディアコンバータ
 ・S-BUS
 ・ARCNET
 ・シリアル/TALLY

■ 4K(UHD)対応非圧縮/軽圧縮伝送 小型 多ポート SDI/IP Gateway装置「HOL-PB-LT」

IMG
小型 多ポート SDI/IP Gateway装置 HOL-PB-LT

 「HOL-PB-LT」は、4K(UHD)対応非圧縮/軽圧縮伝送、小型多ポートSDI/IP Gateway装置。
 平河ヒューテックが、これまでに20年以上培ってきた放送用の映像・音声・制御信号の伝送技術に加え、メディアコンバータやL2_SWで培ったIP伝送技術を集約した製品だ。
 
 軽圧縮(TICOコーデック)を採用することで、高画質を維持しながら帯域を抑えてSDI信号(HD/3G/4K UHD)をIP回線で伝送する。TICOのビジュアルロスレス技術により、伝送時に繰り返す圧縮・伸張による画質劣化が少なく、低遅延を実現している。
 1Uハーフと小型ながら、4CH伝送が可能。BNCポートは送受信切り替え設定により、柔軟な接続系を構成できる。

 放送と通信を融合させたプラットフォームとして、高速化、大容量化が進む、ネットワークや、映像を駆使したコミュニケーションに対応する。
 「B.B/3値」、「PTP」、「Timestamp」と、多様な同期システムを装備。「B.B/3値」は、ベースバンド伝送と同じ運用が可能。「PTP」は、SMPTE 2059-2に準拠。
「Timestamp」では、SDI入力信号を利用し、外部同期が不要。
 
 冗長化では、IP伝送で"Hitless(SMPTE 2022-7準拠)"に対応。また、電源ポートを2系統装備しリダンダント使用することで障害にも対応している。
 データ転送は、Etherフレームに重畳し、映像信号とは異なるデータも転送できる。

■ 高精度時刻同期PTP対応スイッチングハブ「HS-624MA-4X-PTP」

IMG
高精度時刻同期PTP対応スイッチングハブ「HS-624MA-4X-PTP」

 「HS-624MA-4X-PTP」は、放送業界、金融機関、移動体通信等の高精度時刻同期が必要なネットワーク向けの、高精度時刻同期(PTP)に対応した管理型ギガビットL2スイッチングハブ。
 今後、放送のIP化で必須となるIEEE1588v2 PTPのSMPTE ST2059-2をサポートしている。GPS/GMから時刻を取得し、映像の通信経路を同期させている。高精度時刻同期は500ns以下を実現。必要なデータのために十分な帯域を確保し、他データ等の影響を受けない安定した伝送を行う優先制御を実施している。
 AC100-240Vのワイドな入力に対応し、電源系統を分ける冗長化により、電源経路の異常への対応が可能。
 ファンレスによる静音設計とともに、塵や埃の吸い込みを防止し、メンテナンスフリーとなっている。サイズは、19インチラックマウント対応(1U)


ブースでは、各機器の製品紹介や取扱い説明、また特長を紹介した映像を用意する予定だ。 

【出展企業紹介】

平河ヒューテック 株式会社
本社/営業 
Email: eigyo@hewtech.co.jp

  1. 記事一覧へ