Inter BEE 2022 幕張メッセ:11月16日(水)~18日(金) オンライン:12月23日(金)まで

INTER BEE CREATIVE

その先の映像コンテンツへ。映像の新たな進化を牽引するバーチャルプロダクション!

NOW ON AIR現在アーカイブ配信中

バーチャルプロダクション展示 in Inter BEE

映像コンテンツ制作の分野において、いま最も注目すべき技術となったバーチャルプロダクション。Inter BEE 2022には数多くの出展者が関連製品を展示しています。最新の機材と技術に出会えるこの機会をお見逃しなく!

会場 幕張メッセ 展示ホール7

STインカメラVFXスタジオ

LE大型LEDディスプレイ(LEDウォール)

CAカメラトラッキング

LI照明

HD関連ハードウェア

  • 光学式モーションキャプチャシステムを活用したバーチャルプロダクション
    アーカイブティップス株式会社

    Qualisys社のモーションキャプチャシステムは、業界最高の高解像度(最大2600万画素)カメラで位置の検出を高精度にでき、さらにリアルタイムで取得している位置や角度データのレイテンシーが低くく、バーチャルプロダクションを使用する際のカメラトラッキングに活用できます。

  • 複数台のカメラを同時に収録できるマルチカメラシステム
    アークベンチャーズ株式会社

    昨年好評だった展示に引き続き、今年もLEDを使用した「xR」、「Virtual Production」のシステム全般を展示します。
    中でも注目いただきたいのが「マルチカメラシステム」です。
    通常、撮影の多くが1台のカメラで行われていますが、このテクノロジーを使用することで、複数台のカメラで同時撮影に対応。
    1台のカメラでCGを、もう1台でグリーンの収録が可能になります。

  • インカメラVFXとロボットアームカメラのダイレクト接続実演します!!
    池上通信機株式会社

    R2システム(ロボットアームカメラ)とインカメラVFXシステムをダイレクトに接続することが可能。トラッキングシステムレスでカメラ位置情報をバーチャルシステムに送ることで撮影現場でのセッティング時間が大幅に短縮されます。R2システムのダイナミックなカメラワークとVFXシステムの連携による臨場感あるバーチャル映像を、ぜひこの機会にIkegamiブースにてご体感ください!

  • 超現実「バーチャルロケーション制作ソリューション」
    株式会社NHKエンタープライズ

    超高解像度3D映像技術を駆使した、実物と同じ質感・スケール感を備えたデジタル・ロケセットのプロトタイプを初公開します。国内有数の野外型ロケ施設「ワープステーション江戸」(茨城県つくばみらい市)を題材に、江戸の商家を屋外から室内まで、シームレスに3Dスキャンして、ハイクオリティのデジタルツインを制作しました。ドラマや映画、メタバース空間で比類ない実存感、臨場感を表現するソリューションをご提案します。※写真は、作成した「ワープステーション江戸デジタルツイン」の画像キャプチャです。

  • 常設スタジオでなくてもバーチャルプロダクションが可能に!
    株式会社スパイス

    EZtrackは規模・用途などに応じ、様々なトラッキングシステムに対応したバーチャルプロダクションシステムです。今回はOptiTrackモーションキャプチャシステムでカメラトラッキング用に開発されたCinePuckを使用した本邦初公開のデモを実施します。3DエンジンにはUnrealEngineのほか、Zero Density社Reality Engineも使用し、グリーンバック合成に加えモーションキャプチャを使用したCGモデル(バーチャルヒューマン)の合成も同時にご覧いただきます。

  • クリエイターのビジョンを実現する新しい映像制作ソリューション
    ソニーマーケティング株式会社

    ソニーは、Crystal LEDディスプレイに、豊富なカメラ群を組み合わせたバーチャルプロダクションをご提案します。
    具体的には、広い視野角や目地の見えにくい高精細パネルに対して、HDCシリーズやVENICEカメラシステムを適切に連動させることで、カメラワークにおける制約が少なく、運用性・クオリティの高いバーチャルプロダクションを実現します。映画/CM/ドラマはもちろん、放送局のスタジオやプレゼン用途など様々な領域での活用を想定しています。

  • グリーンバックとLEDウォールを使ったxRシステムを実機展示
    株式会社ナックイメージテクノロジー

    VRプロダクション向けグリーンバックシステムとLEDウォールシステムを実演展示します。グリーンバックシステムでは、フォトリアルな質感を追求した”Reality”による高品質なCG合成をご覧いただけます。LEDシステムでは、業界標準のメディアサーバー“disguise”とROE社の高品位LEDビジョンの組み合わせで、臨場感のある映像をご体験いただけます。カメラトラッキングは数多くの納入実績を誇る"RedSpy"を使用します。

  • バーチャル制作での映像収録や編集をサポートするサムスンSSD
    日本サムスン株式会社

    バーチャルプロダクションのスタジオでも採用実績のあるBlackmagic URSA Mini Pro 12KやBlackmagic Pocket Cinema Camera 4K/6Kシリーズと、これらのカメラのUSB-C拡張ポート接続で映像収録が可能なポータブルSSD「T7 Shield」を実機展示。
    高速なNVMe SSDのRAIDシステムを搭載したWindows PCでは、DaVinci Resolve Studioでの4K/8K映像編集の快適な操作をご確認いただけます。

  • Pixotope Tracking Complete
    株式会社フォトロン

    Pixotope Tracking Completeは特別なマーカーを必要としない完全マーカレスカメラトラッキングシステムです。高度なパターン認識技術により、自動かつリアルタイムに特徴点を解析し、正確にカメラポジション(6DOF)を生成してカメラトラッキングを可能にします。センサーカメラを使用してもしなくても、またLEDライトを使用してもしなくても、高度なトラッキング技術により魅力的なXR演出を可能にします。

    株式会社フォトロン

    小間番号: 5311

    CA

  • FUJINON「Premista」によるバーチャルプロダクション
    富士フイルム株式会社

    クリア且つ自然なルックが特長のPremistaシリーズを組み込んだ、インカメラVFXを展示します。ズームレンズであるPremistaだからこそ実現できる、作業効率性の高さと高品位な映像表現をぜひご体感ください。

  • バーチャルプロダクションPixotope《ピクソトープ》
    三友株式会社

    Pixotopeは、バーチャルスタジオ、拡張現実(AR)、オンエアグラフィックを、シンプルかつ迅速に作成するソフトウェアベースのソリューションです。そして今回、トラッキング機能が追加され、より強力に進化しました。デザイン、クリエイトコントロール、バーチャルセット、拡張現実パーティクルシステム、シミュレートされたカメラとレンズのプロパティなど、単⼀のユーザーインターフェイスから迅速な設定ができるよう設計されています。

    三友株式会社

    小間番号: 8505

    ST

    LE

    CA

    LI

    HD

    詳しくはこちら

バーチャルプロダクション展示MAP

バーチャルプロダクション展示MAP

画像クリックで拡大表示されます。

バーチャルプロダクションスタジオ紹介

いま国内で続々と開設されている「バーチャルプロダクション関連のスタジオ」を紹介。スタジオの特徴や最新事例を直接きくことができるこの機会を是非活用ください。

バーチャルプロダクションスタジオ紹介 清澄白河BASE

画像クリックで拡大表示されます。

詳しくはこちら
バーチャルプロダクションスタジオ紹介 スタジオヌーブ

画像クリックで拡大表示されます。

詳しくはこちら