【Inter BEE 2018】国際的CDNベンダーのライムライト・ネットワークス 世界中どこでも1秒以内の遅延でライブ配信が可能な「ライムライト リアルタイム・ストリーミング」をデモ

2018.11.8 UP

今年9月にアムステルダムで開催したIBCにおけるライムライト・ネットワークスのブース

今年9月にアムステルダムで開催したIBCにおけるライムライト・ネットワークスのブース

ネットにおける映像コンテンツが爆発的に拡大する中、ライブ配信のニーズもたかりつつある

ネットにおける映像コンテンツが爆発的に拡大する中、ライブ配信のニーズもたかりつつある

 ライムライト・ネットワークスは、11月14日(水)から16日(金)までの3日間、幕張メッセで開催するInter BEE 2018に出展し、世界中どこでも1秒以内の遅延でライブ配信ができる「ライムライト リアルタイム・ストリーミング」をデモする。

■世界80カ所以上の拠点を結ぶプライベートネットワークを所持
 ライムライト・ネットワークスは、米国のアリゾナ州に拠点を持つ、ビデオ配信、CDNのベンダー企業。コンテンツ配信を展開する会社。同社のCDNは、独自に構築したグローバルプライベートネットワークを所持している点が特徴。世界40箇所以上の都市エリアに設置された80箇所以上のPoP(Point of Presence:大規模配信拠点)を、QoSに対応した形で相互接続している。100Gbpsの光ファイバーバックボーンリンクを使用しており、ネットの混雑を回避した、グローバルなコンテンツ配信が可能だ。世界の900以上のISP、主要パブリッククラウドプロバイダーと接続している。

■リアルタイムコミュニケーション用プロトコルのWeb RTCを使用
 「ライムライト リアルタイム・ストリーミング」は、今年9月にオランダ・アムステルダムで開催したIBCにおいて発表したライブ配信サービス。配信プロトコルには、W3Cが提唱するリアルタイムコミュニケーション用プロトコルであるWeb RTCを使用している。これにより、主要なブラウザにプラグインなく対応が可能。さらに、自社のグローバルプライベートネットワークスを活用することで、世界のどの地域にも、1秒以内の遅延で映像配信を可能にしている。

■クライアントからの低遅延ライブ配信への強い要望
 ライムライト・ネットワークス・ジャパン シニア・マーケティング・マネージャーの星 恭子氏は、今回の「ライムライト リアルタイム・ストリーミング」発表の背景について次のように話す。
 「コンテンツが日々増大し、配信するコンテンツの量も増えているが、その中でもライブ配信への要望が大きい。ライブコンサートや、スポーツ中継、eスポーツといったゲームイベントなど、スマホネイティブの世代を中心に、屋外で手軽にライブを楽しみたいという若い世代が増えている。ライブ配信のネックともいえるのが、ネットを介しての配信で生じる遅延だ。スポーツ中継でも、SNSを通じた現地からの速報と比べてて情報が遅れることで、視聴の楽しみが削がれてしまうことがある。将来的には、ギャンブルが伴う配信の場合、時間のズレが大きな問題となる可能性もある」
 「ライムライト・ネットワークスは、すでにCDNにより大手のOTT会社などの番組配信などをサポートしており、日本でも11年以上にわたり、放送局などのクライアントにCDNを提供している実績を持つ。そうしたクライアントからの低遅延なライブへの要請があり、今回の発表となった」

■同時視聴で10万のリアルタイムストリーミングが可能
 「ライムライト リアルタイム・ストリーミング」は、IBCでの発表後、国内でも大きくアナウンスされ、すでにグローバルで10社ほどの企業が利用へ向けた検証作業を進めているという。同時視聴で10万のリアルタイムストリーミングが可能で、今後さらに拡張していく計画。

 会場では、ライブカメラを用いて撮影した映像を、「ライムライト リアルタイム・ストリーミング」で配信し、シンガポールや米国のサーバーを経て遅延のない映像配信をデモする予定。
 星氏は、「サンノゼ、シンガポール、フランクフルト、ロンドン、日本など、国を問わず、1秒以内の遅延でライブ配信ができるため、国際的なスポーツイベントなどでもより効果的に利用してもらえる」と話す。

【出展者概要】ライムライト・ネットワークス・ジャパン(株)
■本社住所
東京都港区北青山2-7-28 NAビル2F
■URL
https://jp.limelight.com/
■ホール / 小間番号
ICT/クロスメディア部門 /ホール7 /7309
 

今年9月にアムステルダムで開催したIBCにおけるライムライト・ネットワークスのブース

今年9月にアムステルダムで開催したIBCにおけるライムライト・ネットワークスのブース

ネットにおける映像コンテンツが爆発的に拡大する中、ライブ配信のニーズもたかりつつある

ネットにおける映像コンテンツが爆発的に拡大する中、ライブ配信のニーズもたかりつつある