【NEWS】讀賣テレビ NTTドコモと5Gによる映像伝送実験を実施 多視点視聴におけるビジネスの可能性検証

2018.10.5 UP

5Gを活用した多視点聴のイメージ
システム構成図

システム構成図

 NTTドコモ関西支社は、10月2日、3日の二日間、讀賣テレビ放送と、第5世代移動通信 方式(以下、5G)通信技術による映像伝送実験を、読売テレビ本社1階ホールで実施し、複数の映像を並行して伝送する実験に成功したと発表した。(上写真=5Gを活用した多視点視聴のイメージ)
 5G通信を用いた映像伝送の品質を確認し、放送局における将来的なビジネスの可能性を検証するのがねらい。
 読売テレビ本社に、5G実証実験装置(可搬基地局および移動局)を配置し、読売テレビが提供する4Kカメラによる、リアルタイム映像および収録映像(イベント映像や番組映像など)を、同時に並行して伝送した。

■5Gで多視点視聴サービスや360°視聴サービスなどが可能に
 伝送した映像は、4Kモニター、スマートフォン、タブレットに配信し、多視点からのカメラアングルで撮影された映像を自分の好きなアングルから視聴できる「多視点視聴サービス」や、30分番組を数秒でダウンロードできる「高速ダウンロードサービス」、端末の位置や向きに合わせて全方位で映像の表示角度を変えられる「360°視聴サービス」など、さまざまな視聴スタイルによる映像品質を検証した。また、4K映像・多視点映像・360°映像コンテンツ・情報カメラの映像など、複数の大容量コンテンツを一斉に配信する「多種伝送」の性能も検証している。なお、多視点視聴には、パナソニック システムソリューションズ ジャパンの マルチ動画配信システム「VOGO Sport」を使用している。

 ドコモは5Gによる幅広いパートナーとの取り組みで利用シーンの創出を目指す「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を実施。これは、5Gの技術や仕様に関する情報や、パートナー間の意見交換を行うワークショップの場を提供するもので、読売テレビも参画している。 2018年2月から提供しており、参画企業・団体は現在約1,800団体になる。

システム構成図

システム構成図