【NEWS】KDDI Android4.0搭載のケーブルTV用STBを商用化 WiFiアクセスポイントを搭載しスマホとも連携可能に

2012.11.28 UP

「Smart TV Box」とリモコン

 KDDIは11 月28 日、同社がケーブルテレビ事業者向けに開発したAndroid4.0 搭載の「Smart TV Box」の商用化を発表した。
 ジャパンケーブルネット(JCN)から、「JCN スマートテレビ」として、全国に先駆け商用化される。
「Smart TV Box」は、一般社団法人日本ケーブルラボとの連携により、同ラボ技術仕様に準拠し、世界で初めてAndroid4.0 を搭載したケーブルテレビ用のセットトップボックス(STB)。
 地デジ、BS、ケーブルテレビ放送受信に加え、インターネットを利用したさまざまなサービスご利用できるほかWi-Fiのアクセスポイントも搭載し、自宅のテレビやタブレット端末、スマートフォンなどのWi-Fi搭載機器で、多彩なコンテンツを楽しめる。
 KDDI は、JCN のサービス開始に伴い、家族で使えるカレンダーや、レシピ、ショッピング、フィットネス、教育等、生活に密着した様々なアプリを、提携先企業と連携して「Smart TV Box」向けに提供。また、au スマートフォンで提供中の「au スマートパス」のTV 向けのアプリとしてゲームやエンターテインメント、「LISMO WAVE」等100 本以上のアプリが利用可能なほか、「Google Play」のアプリも使える。スマートフォンやタブレットとの連携機能も提供する。