【InterBEE 2012】Harmonic Japan デジタル・コンテンツワークフローのソリューションを展示 素材伝送から高機能サーバー、マルチスクリーン対応トランスコーダーなど最新機器を紹介

2012.11.11 UP

ハーモニックのウェブサイト

 Harmonic Japan(映像・放送関連機材部門 #7516)は、昨年に引き続きHarmonic のデジタル・コンテンツ・ワークフローのソリューション展示を行う。
 エンコードから収録、編集、トランスコード、送出、マルチスクリーンに至るコンテンツ制作と配信に関するエンド・トゥ・エンドのソリューションを出展する。
 ブースでは、「コントリビューション/ディストリビューション&デリバリ」「プロダクション & プレイアウト」、「マルチスクリーン」の各ステージにおいて、Harmonicのワークフローを紹介。多彩な製品群がシームレスで有機的な連携をデモする。

【コントリビューション/ディストリビューション&デリバリ】
 放送局、ケーブルテレビ局、衛星放送局、IPTV 向けの映像サービスを、具体的なワークフローに添って紹介。具体的には、以下の製品を、デジタルサービス・マネージャ「NMX」 により一元管理し、デコードから配信までの全プロセスをデモンストレーションする。
 ○「Ellips 1000」:低遅延コントリビューション(素材伝送)に最適なMPEG2/H.264SD低遅延エンコーダ
 ○「Electra 9200」:低ビットレート&高画質のマルチフォーマット・リアルタイムエンコーダ
 ○「ProView 7100」:DVB デスクランブル機能、マルチフォーマットのビデオデコード対応プロフェッショナルIRD(レシーバ/デコーダ)
 ○「ProStream 9000 with ACE」:刷新されたハードウェアで動作する次世代ストリームプロセッサ&トランスコーダ

【プロダクション&プレイアウト】
 Omneonブランドのメディアサーバー・ファミリー「Spectrum」の新製品と、Spectrumからのプレイアウト用デバイス「Channel Port」を用いた、コンパクトでコスト効率の高いインジェスト&プレイアウト・ソリューションを紹介する。
 コスト及び消費電力を低減、省スペースを実現したストレージアレイ「Spectrum MediaStore 5000」、SSD ストレージ対応のオールインワン・ビデオサーバー「Spectrum MediaDeck 7000 SSD」を含めたOmneonブランドのフラッグシップ製品Spectrumメディアサーバー・ファミリーを出展する。
 「Channel Port」により、従来の送出チャンネルにロゴ/レギュレーションや座布団付テロップ、スクロール・テロップ、フルスクリーン・スレートなどのチャンネル・ブランディング及びグラフィックスやマスターコントロールスイッチなど、新たな機能を加えた出力のデモを行う。

 また、メディアストレージ「Omneon MediaGrid 3000」を多彩なノンリニア機器のセンターサーバーとして、またマルチスクリーンや配信におけるコンテンツサーバーとして提案する。対象となるツールは、Avid Media Composer、Apple Final Cut Pro、Adobe Premiere Pro、Sony Xpri、Grass Valley EDIUS、そしてAutodesk Smoke など。
 SQL データベースによりメタデータ・サービスを提供するMedia Application Server によるMediaCenter及びMediaDeck とのインテグレーションを含む、収録から編集、送出までのフローをデモする。また、ファイルベースのトランスコーダProMedia Carbon と自動化ワークフローエンジンWFS により、トランスコードとクオリティチェックを組み合わせた、自動化されたファイルベース・プロセスをサポートする。

【マルチスクリーン】
 「ProMedia」によるマルチスクリーン・ソリューションを紹介する。
 Harmonic の高品質H.264 ビデオコーデック技術を継承したリアルタイム高クオリティ・トランスコーダ「ProMedia Live」は、複数のパッケージスタンダードに対応したストリーミングパッケージャ「ProMedia Package」、HTTP ストリーミングサーバー「ProMedia Origin」 との組み合わせによる高品質、高バリューのストリーミング・ソリューションを実現する。
 さらに、サードパーティのCMS(Content Management System)及びDRM(Digital Rights Management)システムとの連携ソリューションも紹介する。

 このほか、パートナー各社のブースにおいても、Harmonic エンコーダ/OTT、MediaGrid、Spectrumなどの製品が展示される。
【パートナー ブース 展示製品】
 [池上通信機] #7209 「Spectrum」
 [アドビシステムズ] #8517 「MediaGrid」
 [富士通(加賀ソルネット)] #6408 「MediaGrid」
 [伊藤忠ケーブルシステム] #6402 「MediaDeck 7000」
 [イノコス] #5502 「ProMedia Live」、エンコーダ各種

#interbee2018

  • Twetter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube