【NEWS】キヤノン 4K対応 業務用ビデオカメラ「XA55/XA40」、4Kカメラ対応ポータブルズームレンズ2機種を新発売 業務用4Kディスプレイファームウェア 無償提供も発表

2019.4.3 UP

4K対応業務用ビデオカメラ「XA40」

4K対応業務用ビデオカメラ「XA40」

4K対応ポータブルズームレンズ「CJ18e×28B」

4K対応ポータブルズームレンズ「CJ18e×28B」

4K対応ポータブルズームレンズ「CJ15e×8.5B」

4K対応ポータブルズームレンズ「CJ15e×8.5B」

4Kディスプレイ「DP-V2421」

4Kディスプレイ「DP-V2421」

 キヤノンは4月3日、 4K対応 業務用ビデオカメラの新製品「XA55」(上写真)「XA40」(右写真)の2機種と、4Kカメラ対応ポータブルズームレンズ2機種を新発売すると発表した。また、業務用4Kディスプレイ6製品(DP-V1710/V1711/V2410/V2411/V2420/V2421)を対象に、4K/HDRの映像制作におけるワークフローの効率化するファームウエアを6月上旬から無償提供すると発表している。
 各新製品は、4月8日から11日まで米ラスベガスで開催される「NABShow2019」のキヤノンブースで展示・デモする。

■「XA」シリーズで初の4K対応カメラ 
 放送局を中心に取材現場や、ドキュメンタリー、イベントでの撮影など、高い機動力を要求される撮影現場を中心に幅広く使用されている「XA」シリーズの新製品として、「XA55」、「XA40」の2機種を発表した。両製品とも、同シリーズのビデオカメラで初めて4Kでの撮影に対応した。
 「XA55」は1.0型CMOSセンサーを搭載し、高画質と豊かな映像表現を求めるプロユーザー向け。「XA40」は小型・軽量で、機動性と操作性を求めるプロユーザーやハイアマチュアユーザーに適している。
 「XA55」は、6月上旬発売、「XA40」は、4月12日から発売する。

■「UHDgc」シリーズの新製品 4Kカメラ対応のポータブルズームレンズ
 「UHDgc」シリーズの新製品2機種を発売すると発表した。2/3型センサー搭載の4Kカメラに対応するポータブルズームレンズの新製品。「CJ18e×28B」は、 倍率18倍/焦点距離28~500mm(6月下旬発売)。「CJ15e×8.5B」は、 倍率15倍/焦点距離8.5~128mm(7月下旬発売)。
 4Kに対応する光学性能を持ちながら、HD放送用カメラ対応のポータブルレンズと同じ高い機動性と運用性を確保。「UHDgc」シリーズのラインアップを拡充し、ドキュメンタリーや各種イベント撮影などの映像制作や、報道などにおけるさまざまなニーズに応える。

■4Kディスプレイ6製品向け新ファームウエア 4K/HDRのワークフローを効率化
 業務用4Kディスプレイ6製品(DP-V1710/V1711/V2410/V2411/V2420/V2421)を対象にしたファームウエアは、4K/HDRの映像制作におけるワークフローの効率化するもの。6月上旬から無償提供する。新たに提供するファームウエアにより、「DP-V1711/V2411/V2421」では、4K(6G/12G-SDI)と2K(3G/HD-SDI)の異なる映像信号を2画面または4画面で1台のディスプレイに表示できるほか、各映像のオーディオレベルメーターの表示も可能。また、6製品すべてにおいて、波形モニターとベクトルスコープの同時表示ができるマルチ画面表示機能を拡充する。

4K対応業務用ビデオカメラ「XA40」

4K対応業務用ビデオカメラ「XA40」

4K対応ポータブルズームレンズ「CJ18e×28B」

4K対応ポータブルズームレンズ「CJ18e×28B」

4K対応ポータブルズームレンズ「CJ15e×8.5B」

4K対応ポータブルズームレンズ「CJ15e×8.5B」

4Kディスプレイ「DP-V2421」

4Kディスプレイ「DP-V2421」