【Inter BEE 2018 TV】富士フイルム 高性能「FUJINONレンズ」を搭載した新開発プロジェクターを特設シアターで国内初出展 世界で初めて本体を動かさずにレンズの回転で投射方向を調整

2018.11.22 UP

富士フイルムは、最先端光学技術を結集した8K・4K対応レンズや、レンズの回転だけでさまざまな方向に投射できる画期的プロジェクターを国内初出展する。

■スーパーハイビジョン コーナー
今年12月から開始となる新4K8K衛星放送に向け、スーパーハイビジョン映像制作に用いることができる高性能FUJINONレンズを紹介する。

■新開発プロジェクター 特設シアター
9月に「Photokina 2018」で開発発表して以降、大反響の新開発プロジェクターを国内初出展する。世界で初めて本体を動かさずにレンズの回転だけでさまざまな方向へ投写ができる、高性能「FUJI NONレンズ」を搭載した画期的なプロジェクター。会場では、特設シアターでオリジナル作品を上映。

■4Kレンズ 撮影コーナー
4K対応ポータブルレンズとして世界最高46倍ズームを誇る「FUJINON UA46xシリーズ」や、4K対応箱型70倍ズーム「FUJINON UA70x8.7」を中心に、高性能4K対応レンズを多数展示。

■4Kレンズ性能 体験コーナー
FUJINON 4Kレンズの特長である“3つのHigh”(High Resolution:高解像力、High Contrast:高コントラスト、High Dynamic Range:高ダイナミックレンジ)を体感できるコーナー。

■Xシネマ コーナー
ミラーレスデジタルカメラ「Xシリーズ」の最新モデル「FUJIFILM X-T3」や「FUJIFILM X-H1」と、Xシリーズ専用シネマレンズ「FUJINON MKXシリーズ」を組み合わせた小型・軽量の撮影システムのハンズオンコーナー。

https://youtu.be/nsESsiQcsqY

富士フイルム(株)
http://fujifilm.co.jp/
映像制作/放送関連機材部門 /ホール2 /2116