【NEWS】ブラックマジックデザイン、URSA Broadcastを発表 ENG、スタジオカメラの両シーンに対応 IPベースの低コストカメラシステム構築が可能に

2018.2.7 UP

URSA Broadcast

URSA Broadcast

URSA Broadcast

URSA Broadcast

Blackmagic Camera Fiber Converter

Blackmagic Camera Fiber Converter

Blackmagic Studio Fiber Converter

Blackmagic Studio Fiber Converter

 ブラックマジックデザインは2月1日、スタジオ収録およびライブプロダクション向け放送カメラ「URSA Broadcast」を発表した。既存の放送用B4 HDレンズに対応。
 4Kセンサー、拡張Videoモード(Extended Video)のダイナミックレンジ、従来型の外部コントロールおよびボタン、内蔵オプティカルNDフィルター、デュアルCFastレコーダー、デュアルSDカードレコーダーなど様々な機能を搭載している。販売価格は、US$3,495。

 ENGや番組制作用のフィールドカメラとスタジオカメラの両方の使い方が可能。
 拡張Videoモードでは、カラーコレクションなしでオンエア可能な画質で収録できる。 正確なスキントーンと鮮やかなカラーを再現するため、ニュース、ライブスポーツ、スタジオトーク、ゲーム番組などに適している。B4 HDレンズやUltra HDレンズに対応。
 B4レンズマウントには、高性能レンズを内蔵し、カメラのセンサーとマッチさせるために特別設計された球面収差補正機能を搭載。2/3インチのマウントを搭載しているため、HDレンズやUltra HDレンズを使用できる。
 マグネシウム合金製ボディを採用し、堅牢かつ軽量で耐久性に優れたボディを実現。
 NDフィルターにより、発色を生かしながら入射光の量を減らすことができる。

 また、記録メディアには、標準SDカード、UHS-IIカード、CFastカードを使用でき、1080iまたは2160pビデオをmovファイルで記録。今後、アップデートでmxfをサポートする予定。
 DNx145、DNx220X、ProResでの収録も可能なため、コピーやトランスコードせずに効率的な編集できる。ロスレス12ビットシネマDNG RAWファイルの収録も可能。
 デュアルスロットを搭載しており、1枚目のカードがフルになると、自動的に2枚目のカードに切り替えて収録を継続できる。

 ビデオ出力およびリターンプログラムフィード入力端子に12G-SDIコネクターを使用。マルチレートのため、速度を自動的に切り替えて最大2160p60までのフォーマットに対応する。
 HD-SDIモニタリング出力、2つのLANC入力、ファンタム電源対応のバランスXLRオーディオ、タイムコード/リファレンス入力端子も搭載している。
 さらに、放送用レンズコントロール用の12ピンのHiroseコネクターにより、SD、HD、Ultra HDレンズの給電やコントロールが可能。また、4ピンの12V DC電源用XLR出力とHD-SDIモニター出力は、外部のビューファイダーやモニターに接続できる。

 また、同じく新製品のBlackmagic Camera Fiber Converter、Blackmagic Studio Fiber Converter、ATEM Camera Control Panelと共にIPベースの低コストな放送用カメラセットを構築できる。最大2km離れた場所にカメラを配置して給電。Ultra HDカメラフィード1系統、HDリターンフィード3系統、複数チャンネルのトークバック機能を含むライブカメラコントロール、テレビ業界標準トークバックヘッドセット接続などの機能を搭載する。

編集:Inter BEE 2018 ニュースセンター

URSA Broadcast

URSA Broadcast

URSA Broadcast

URSA Broadcast

Blackmagic Camera Fiber Converter

Blackmagic Camera Fiber Converter

Blackmagic Studio Fiber Converter

Blackmagic Studio Fiber Converter