出展者情報・会場図(詳細)

出展者情報:フラウンホーファーIIS

本社住所

〒 Am Wolfsmantel 33, 91058 Erlangen, Germany

/ホール / 小間番号

プロオーディオ部門 /ホール1 /1512

出展予定機種

[音声圧縮・伝送技術] [ラジオ放送用システム] [VR(バーチャルリアリティ)] [オーディオ・アーカイブ] [地上デジタルテレビ放送システム] [マルチメディア放送] [4G/5G]

ブースの見どころ

ホール1のブース1512までお越しください。会場でお会いできることを楽しみにしております。

▪️MPEG-H Audio
https://www.iis.fraunhofer.de/ja/ff/amm/prod/digirundfunk/digirundf/tvaudio.html
▪️xHE-AAC
https://www.iis.fraunhofer.de/ja/ff/amm/prod/digirundfunk/digirundf/xheaac.html
▪️JPEG XS
https://www.iis.fraunhofer.de/en/ff/amm/prod/bildkompr/jpegxs.html

出展製品

MPEG-H オーディオ  NEWNEW

今回のInterBEE 2018では、当社は、MPEG-H Audioを搭載したインタラクティブTVサウンドを展示します。視聴者が番組のオーディオ・ミックスをお好みに合わせて変更し、さまざまな要素を切り替える様子をご覧ください。例:
•言語を切り替える
•分かりにくい会話を聞きやすくする
•コメンテーターの声の大きさを調整、スタジアムのアナウンサーやお気に入りのチームのファンの声を聴く。

この他にも、MPEG-H Audioの各種制作ツールが展示されます。

MPEG-H Audioシステムは、臨場感あふれるサウンドと双方向性を実現しており、今日の放送用機器やストリーミング機器と連携するよう考慮されています。2017年5月以来、MPEG-H Audioは初めての次世代オーディオ・システムとして韓国の地上波4K TVサービスに利用されています。

xHE-AAC

xHE-AAC (Extended High-Efficiency AAC: 拡張高効率AAC) は、最新のモバイルOSであるAndroid Pieでネイティブ・サポートされています。xHE-AACは、最大限の符号化効率、ビットレートのシームレスな切り替え、不可欠のMPEG-D DRCラウドネス/ダイナミックレンジ調整機能を兼ね備え、オーディオ/ビデオ・ストリーミング・サービスやデジタル・ラジオ放送に理想的なソリューションです。InterBEEでは、さまざまなビデオ・ストリーミング・アプリケーションやラジオ放送形態で利用されるxHE-AACをご紹介する予定です。

JPEG XS  NEWNEW

JPEG XSは、高画質、簡素化、低遅延を目指して開発されたメザニン画像圧縮コーデックです。複数のイーサネット・ベースのリンク上にプロダクション・フィードを伝送する放送番組制作業界の需要を満たします。InterBEE 2018の会場では、カメラからの画像データをキャプチャ、エンコードし、IPリンク経由で転送し、2台目のスクリーン上でデコードするライブストリーミングを実演します。Adobe PremiereではブラグインによってJPEG XSの4K画像のストリーミングが可能になっており、またJPEG XSのエンコード/デコード用SDKを用いることで、JPEG XSコーデックをカスタム・アプリケーションやデバイスに組み込むことができます。

お問い合わせ


日本代表   ナワビ ファヒム
[TEL]090-4077-7609  
[MAIL]fahim.nawabi@iis.fraunhofer.de

#interbee2018

  • Twetter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube