Inter BEE 2021

SP-203
INTER BEE FORUM Special Session
ONLINE
Nov. 18 (Thu)
14:00〜16:00
ONLINE

Social implementation of AI technology to advance human interaction

Login is required to view the video,
once you login the video will be displayed.

Opening Remarks

Yuichiro Anzai

Yuichiro Anzai

Keynote Speaker

Hiroshi Ishiguro

Professor of Department of Systems Innovation, Osaka University (Distinguished Professor)
Visiting Director of ATR Hiroshi Ishiguro Laboratories (ATR Fellow)

Hiroshi Ishiguro received a D. Eng. in systems engineering from the Osaka University, Japan in 1991. He is currently Professor of Department of Systems Innovation in the Graduate School of Engineering Science at Osaka University (2009-) and Distinguished Professor of Osaka University (2017-). He is also visiting Director (2014-) (group leader: 2002-2013) of Hiroshi Ishiguro Laboratories at the Advanced Telecommunications Research Institute and an ATR fellow. His research interests include sensor networks, interactive robotics, and android science. He received the Osaka Cultural Award in 2011. In 2015, he received the Prize for Science and Technology (Research Category) by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT). He was also awarded the Sheikh Mohammed Bin Rashid Al Maktoum Knowledge Award in Dubai in 2015. In 2020, he received Tateisi Prize.

Hiroshi Ishiguro

Ryota Kanai

Founder & CEO of Araya, Inc.

Founder & CEO of Araya, Inc. After graduating from the Faculty of Science at Kyoto University in 2000, he received his PhD (Cum Laude) in 2005 from Utrecht University in the Netherlands, where he studied human visual information processing mechanisms. After working as a researcher at California Institute of Technology in the U.S. and University College London in the U.K., and as a JST PRESTO researcher and Associate Professor of Cognitive Neuroscience at the University of Sussex in the U.K., he founded Araya, Inc. and worked full time there since 2015. He is engaged in research on the principles of consciousness in the brain and the implementation of consciousness in AI through the fusion of neuroscience and information theory. He has been also working on the practical application of AI and neuroscience in industry. He has received many awards, including the Young Scientist Award from the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, the JEITA Venture Award (2020), the ET/IoT Technology Award (2019) among others as Araya Inc. From 2020, he is working on the practical application of brain-machine interface as a project manager of the Moonshot Project in the Cabinet Office.

Ryota Kanai

Panelist

Futoshi NAYA, Ph.D.

Executive Research Scientist, Research Planning Section,
NTT Communication Science Laboratories, Nippon Telegraph and Telephone Corporation

Futoshi NAYA, Ph.D.

Jun Ogata

Team Leader
Artificial Intelligent Research Center (AIRC),
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST), Japan

Jun Ogata received the B.E., M.E., and Ph.D. degrees in electronic and information engineering from Ryukoku University, Japan, in 1998, 2000, and 2003, respectively. He is currently a team leader at the National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST), Japan. His research interests include audio and vibration processing, spoken language understanding, and machine learning. Recently he has been working on a wide range of research and development aimed at solving social issues such as intelligent maintenance for industrial infrastructures. He received the Awaya Prize Young Researcher Award from Acoustic Society of Japan (ASJ) in 2000 and Yamashita SIG Research Award from Information Processing Society of Japan (IPSJ) in 2004.

Jun Ogata

MOCHIMARU Masaaki, Ph.D.

Director of Human Augmentation Research Center,
The National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST)

Masaaki Mochimaru studied Mechanical Engineering and Ergonomics at Keio University in Japan, where he received his Master in Mechanical Engineering and PhD in Engineering. In 1993, he joined AIST as a researcher. In 2001, he was assigned as the deputy director of Digital Human Laboratory of AIST. In 2010, he launched and directed Digital Human Research Center of AIST. Through 2015-2018, he directed Human Informatics Research Institute of AIST. After November 2018, he directs a new research center, Human Augmentation Research Center of AIST. His research interests are related to measurement and modeling of human functions and their applications. In recent years, his research interests are expanded to service engineering and servitization. His researches were published in over 60 journal articles (Ergonomics, KANSEI Engineering International, Journal of Biomechanics, Gait and Posture, SAE International Journal et, al.) and over 120 conference proceedings (ISB Footwear Biomechanics, World Congress of Ergonomics (IEA), International Symposium on Digital Human Modeling, ICServ, Spring Servitization Conference et, al.). He got Basic Research Award from ISB, 5th Footwear Biomechanics Symposium in 2001, The Most Outstanding Small Group Presentation from SAE Digital Human Modeling for Design and Engineering Conference in 2009, and The Most Impactful Poster Award from Footwear Biomechanics Symposium in 2011. Through 1997 to 2016, he was the chair of ISO TC159 (ergonomics)/SC3 (anthropometry and biomechanics). In 2017, he was assigned to the convener of ISO TC159/SC3/WG1. In 2019, he was assigned to the chair of ISO TC 324 (sharing economy). In 2020, he was assigned to the chair of ISO PC 329 (Consumer incident investigation guideline). He also contributes international standardization as an expert of ISO TC 133 (apparel sizing), TC 312 (service excellence), Guide 50 (child safety) and IEEE-SA (3D body processing).

 MOCHIMARU Masaaki, Ph.D.

Moderater

Atsunori Kanemura

Chief Research Officer & Chief Scientist, LeapMind Inc.

Atsunori Kanemura is the Chief Research Officer and Chief Scientist at LeapMind Inc., an Invited Senior Researcher at AIST, and a Visiting Researcher at ATR. He obtained the Ph.D. in Informatics from Kyoto University. His publications include more than 50 papers and 100 presentations. He has won a 2010 JNNS Best Paper Award, a 2015 IEEE TrustCom Best Paper Award, and a 2017 NIPS Workshop Best Paper Award. His research focuses on intelligent analysis of human-related data.

Atsunori Kanemura

Exhibitors

  • IO Industries Inc.
  • (株)アイ・ディ・ケイ
  • (株)アイ・ディー・エクス
  • 一般社団法人IPTVフォーラム
  • (株)アサカ
  • 朝日木材加工(株)
  • アスク・エムイー
  • アストロデザイン(株)
  • アストロデザイン(株)
  • アツデン(株)
  • ATOMOS(株)
  • ATLONA
  • アバンギャルドフォース(株)
  • アバー・インフォメーション(株)
  • ABSEN
  • (株)アプコット
  • (株)アペックス
  • アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
  • (株)アルバニクス
  • アルビクス(株)
  • (株)アルメディオ
  • アークベンチャーズ(株)
  • 石川トランク製作所
  • 伊藤忠ケーブルシステム(株)
  • イノテック(株)
  • イメージニクス(株)
  • (株)イメージネット
  • イメージビジョン(株)
  • (株)インターネットイニシアティブ
  • (株)インテリジェント ウェイブ
  • (株)ehs.
  • ウエタックス(株)
  • A.O.M.(株)
  • EIZO(株)
  • (株)エイチエスエスジャパン
  • ATENジャパン(株)
  • 営電(株)
  • (株)エクスプローラ
  • エクセル(株)
  • (株)エス・シー・アライアンス SCAサウンドソリューションズ社
  • SDJ(株)
  • NEC
  • エヌ・イー・ピー(株)
  • 一般財団法人NHKエンジニアリングシステム
  • (株)NHKテクノロジーズ
  • NHK/JEITA
  • NKKスイッチズ(株)
  • NTTテクノクロス(株)
  • (株)NTTドコモ
  • エヌティーアイジャパン(株)
  • NTTエレクトロニクス
  • MQA LTD.
  • (株)エム・コーポレーション
  • (株)エルグベンチャーズ
  • エルゴジャパン(株)
  • エーティ コミュニケーションズ(株)
  • ATL-KYOEI
  • (株)エーディテクノ
  • 岡谷鋼機(株)
  • オタリテック(株)
  • 電源レンタル専門店 オンリースタイル
  • (株)オーディオストック
  • Audinate Pty, Ltd
  • カナレ電気(株)
  • カペラシステムズ
  • (株)カンバス
  • (株)ガンスイ
  • キヤノン(株)/キヤノンマーケティングジャパン(株)
  • 銀一(株)
  • 銀一(株)
  • クオンプラス(株)
  • クボテック(株)
  • Crevo(株)
  • クロスイメージング(株)
  • (株)クロスデバイス
  • グラスバレー(株)
  • グーグル・クラウド・ジャパン合同会社
  • (株)ケイアイシー
  • (株)K-WILL
  • (株)計測技術研究所
  • (株)ケンコー・トキナー
  • (株)ケンコープロフェショナルイメージング
  • KKBOX Japan合同会社
  • コアーテック(株)
  • (株)コスミックエンジニアリング
  • 合同会社コミュニティメディア開発推進機構
  • コンチネンタルファーイースト(株)
  • コーンズテクノロジー(株)
  • 三信電気(株)
  • (株)サードウェーブ
  • サーヴァンツインターナショナル(株)
  • (株)シグマ
  • (株)シグマシステムエンジニアリング
  • (株)システム計画研究所
  • (株)システムファイブ
  • シュア・ジャパン(株)
  • (株)昭特製作所
  • (株)Synk
  • CTCシステムマネジメント(株)
  • (株)JVCケンウッド
  • ジャパンマテリアル(株)
  • (株)スタジオイクイプメント
  • スタック電子(株)
  • 住友電気工業(株)
  • スリック(株)
  • (株)スリー・エム
  • (株)精工技研
  • セイコーソリューションズ(株)
  • 摂津金属工業(株)
  • Semtech Corporation
  • (株)Cerevo
  • ゼンハイザージャパン(株)
  • ソニー(株)/ソニーマーケティング(株)
  • ソリッド・ステート・ロジック・ジャパン(株)
  • タックシステム(株)
  • タツタ立井電線(株)
  • タツタ立井電線(株)
  • (株)谷沢製作所
  • (株)タムラ製作所
  • Changchun Cedar Electronics Technology Co.,Ltd
  • (株)中京エレクトロン
  • CHIEF/映像センター
  • つながるBOX by USEDNET
  • (株)TBSテレビ
  • (株)TBSラジオ
  • (株)テイク   
  • (株)DTSインサイト
  • QUICKRANE/TERIS (株)DVC
  • ディーアンドビー・オーディオテクニック・ジャパン(株)
  • (株)デザイン百貨店
  • デジキャス合同会社
  • デジタルコンテンツEXPO 2021
  • デル・テクノロジーズ(株)
  • 一般社団法人電子情報技術産業協会 テープストレージ専門委員会
  • (株)電波新聞社
  • datavideo japan/M&Inext
  • (株)データブロード
  • (株)Too
  • 東京エレクトロン デバイス(株)
  • 東芝インフラシステムズ(株)
  • 東芝デジタルソリューションズ(株)
  • 東芝ライテック(株)
  • (株)トップ・クリエーション
  • (株)トラフィック・シム
  • ドローン検定協会(株)
  • ニッキャビ(株)
  • 日本エレクトロ・ハーモニックス(株)
  • 一般社団法人日本オーディオ協会
  • 日本クアンタムストレージ(株)
  • 日本航空電子工業(株)
  • 日本コントロールシステム(株)
  • 日本ソフト開発(株)
  • 日本通信機(株)
  • 日本デジタル・プロセシング・システムズ(株)
  • 特定非営利法人(NPO)日本ビデオコミュニケーション協会
  • (株)日本ビデオシステム
  • 日本無線(株)
  • (株)ニューエックス
  • ネットギアジャパン合同会社
  • ノイトリック(株)
  • ハイテクインター(株)
  • ハギワラソリューションズ(株)
  • 花岡無線電機(株)
  • (株)バイオス
  • バルコ(株)
  • パシダル/シナダイン(株)
  • パナソニック(株)
  • パナソニック(株)
  • パンドウイットコーポレーション日本支社
  • (株)日立国際電気
  • Hyundai Fomex Co.,LTD.
  • 平河ヒューテック(株)
  • ビジュアル・グラフィックス(株)
  • ビデオトロン(株)
  • (株)ピーテック
  • (株)ファイバーネットワーク
  • フォステクスカンパニー
  • (株)フォトロン
  • (株)フォービット
  • 富士通(株)
  • 冨士電球工業(株)
  • 富士フイルム(株)
  • (株)芙蓉ビデオエイジェンシー
  • フラウンホーファーIIS
  • ブラックボックス・ネットワークサービス(株)
  • ブロードデザイン(株)
  • (株)プロスパー電子
  • 平和精機工業(株)/Libec
  • ベステックオーディオ(株)/ビーテック(株)
  • (株)放送技研
  • 北陸電話工事(株)
  • Hollyland Technology Co.,Ltd.
  • (株)マウスコンピューター
  • (株)マクニカ
  • (株)ミクシィ
  • 三井物産エアロスペース(株)
  • 三友(株)
  • ミハル通信(株)
  • 武蔵(株)
  • (株)メイコー
  • Magewell
  • MEDIAEDGE(株)
  • (株)メディアキャスト
  • (株)メディアリンクス
  • (株)メディアリンクスエルエスアイラボ
  • (株)モアソンジャパン
  • モガミ電線(株)
  • (株)MONSTER DIVE
  • ヤマキ電気(株)
  • ユアサ工機(株)
  • (株)ユニテックス
  • ユーエーシー(株) / SEHテクノロジー
  • (株)横浜ベイサイドネット
  • LiveU
  • ライムライト・ネットワークス・ジャパン(株)
  • (株)リ・インベンション
  • (株)理経
  • リーダー電子(株)
  • Riedel Communications GmbH & Co. KG
  • ルミネックスジャパン(株)
  • (株)レスターコミュニケーションズ
  • ロンク(株)
  • ローランド(株)
  • ヴァイテックプロダクションソリューションズ(株)
  • VANLINKS(株)/NANLITE