本文へ


Online MagazineRSS

2009.11.24

【InterBEE 2009出展者情報】キャムキャスト・コミュニケーションズ、IPライブ中継サービスをデモ展示

IPライブ中継サービスのデモの様子

<<2MbpsでHD品質のライブ中継が可能>>

 キャムキャスト・コミュニケーションズ(大阪市北区)はXVD方式のビデオ圧縮技術を採用した「IPライブ中継サービス」のデモを展示した。

 XVD方式は高い圧縮率と高速な圧縮スピードを誇るビデオ/音声の圧縮アルゴリズム。同社営業部ソリューション販売チーム課長の田中 裕輔氏によれば「動きのあるデータを集中的に処理することで限られた帯域でも遅延やブロックノイズが少ないのが特徴だ」という。デモでは同社ブースと大阪のスタジオを2Mbpsの光回線で接続し、HD品質のライブ中継を行った。

 同社ではXVD方式のリアルタイム・エンコーダー「Camcast HD-TX2000」やリアルタイム・デコーダー「Camcast HD-RX2000」などの製品を販売しているが、ライブ中継環境を構築するにはエンコーダーやデコーダーだけでなく、サーバーやネットワークなどの整備も必要。導入には手間もコストもかかる。「近年はライブ中継を利用したいが、スポット的に使いたいというニーズが高まっている」(田中氏)という。IPライブ中継サービスはこうしたニーズに応えたものだ。


<<回線やプロバイダの手配も代行>>

 ライブ中継に必要な機材、ネットワークの手配、技術スタッフの派遣などをパッケージサービスで提供する。
 ノウハウのある技術スタッフが事前のコンサルティングを行い、現地調査からリハーサル、本番当日までトータルにサポートする。回線やプロバイダの手配も代行するという。

 田中氏は「手術技術の映像配信などを目的とした医療系セッション、企業系セミナー、スポーツ系イベント、メーカーの新製品発表会などに利用できる」と話す。
 メニューとしては、2拠点間の1Wayライブ中継を行う「ベーシックパック」が34万円から、2拠点間の双方向ライブ中継を行う「2Wayコミュニケーション基本パック」は56万円から、50拠点への1Wayライブ中継を行う「ライブ多配信基本パック」は51万5000円からとなっている。

 サービスは2009年1月から開始。これまでに学会や企業セミナーなど30件以上の利用実績があるという。




関連URL:

一覧

ページトップ


Inter BEE 2009


サイトメニューへ