本文へ


業界ニュース

2009.12.25

クォンテルの3Dコンフォーミングシステム、映画「Avatar」制作で技術健闘

原文を読む

12月18日から全米公開されたジェームス・キャメロン監督最新3D映画「Avatar」の制作では、米国西海岸にあるポストプロダクションModern VideoFilmが、トレイラーやプロモーションビデオを含めて、作品全ての編集に関わった。 制作費に3億ドル以上が投じられたというこの

一覧

ページトップ


Inter BEE 2009


サイトメニューへ