8K 映像のリアルタイム配信を実現するメディアプレーヤーを開発

2017.11.14 UP

株式会社ソシオネクスト (Socionext Inc.) は、独自の8K HEVCデコーダーチップを搭載した世界最小・最軽量8K・4K対応メディアプレーヤー「s8 (エスエイト)」を開発しました。パブリックビューイング、サイネージ等へのストリーミング配信サービス事業者向けを中心に2018年3月より販売を開始します。 当社はこのメディアプレーヤーを中心に、8K映像のエンコード、伝送、デコード、表示まで、すべての経路における要素技術をカバーしたトータルソリューションを構築し、さまざまな形態での超高精細映像の活用シーンの普及拡大に向けて提案していきます。

当社は8K/60p対応HEVCデコーダーやISDB-S3デジタル放送復調LSIなどを世界に先駆けて開発し、2018年より実用放送が開始される4K/8K衛星放送に向けた受信端末用の製品で業界をリードしています。また2020年には第5世代移動通信システム「5G」の実用化が予定されており、超高精細映像コンテンツを活用する機会は今後飛躍的に増えると予想されます。
当社はこのような背景のもと、8K映像の超高精細・高画質を最大限に活用できるパブリックビューイングやサイネージなどのアプリケーションに向けたメディアプレーヤー「s8」を開発しました。 当社製デコーダーLSI「SC1400A」を搭載したs8は、HEVC 8K映像入力のリアルタイムデコードに対応しており、ローカルに保存した映像データの再生はもとより、スポーツイベントやコンサートなどパブリックビューイングに適したコンテンツを8Kの超高精細映像でライブ上映することが可能です。さらにH.264/MPEG-4で圧縮された4K映像のデコード処理にも対応し、4K映像を8K表示機器に向けアップコンバート(超解像処理含む)することも可能です。

当社はさらに、4K/60p対応HEVCエンコーダーLSI「MB86M31」を4個搭載して構成した8KHEVCリアルタイムエンコーダーシステムとメディアプレーヤーs8との組み合わせにより、8K映像のエンコード、伝送、デコード、表示までのすべての経路で必須となる要素技術を当社製品・技術がすべてサポートする8K映像配信トータルソリューションを提供します。

11月15日から幕張メッセで開催される「Inter BEE 2017」では、この8K映像配信トータルソリューションのほか、バーチャル22.2chサウンドや4K HEVC リアルタイムエンコード・デコードソリューションなど、先進の映像・音響関連技術とソリューションを紹介する予定です。



関連URL PDFダウンロード