【プレスリリース】INTER BEE IGNITION概要決定

2016.11.10 UP

平成28年11月10日

報 道 資 料
一般社団法人電子情報技術産業協会


Inter BEE 2016 新企画

INTER BEE IGNITION概要決定

先進映像技術が集結、新たなメディアの可能性を探る


2020年に向け市場が広がる、ライブエンターテインメントテクノロジ。
Inter BEEでは、新展開が期待されるVR(仮想現実)、AR(拡張現実)、ホログラム等の新しい映像表現技術や、映像・音響・照明・パフォーマンスを融合したライブエンターテインメント技術などの新しい体験を提供する「コンテンツテクノロジー」を集め、新企画として「INTER BEE IGNITION(インタービー・イグニション)」を展開し、新たなメディアの可能性をプレゼンテーションと展示で次世代そして未来へ発信します。

■INTER BEE IGNITION 基調講演 (※Web上にて聴講予約が必要となります。)
≪11月17日(木)≫ 会場:幕張メッセ・国際会議場2階「国際会議室」
●「INTER BEE IGNITION –Outlook 2020」
 基調講演「2020×Pop&Tech」
 中村 伊知哉 氏(慶応義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 教授)

 パネルディスカッション「テクノロジが切り拓くメディア&エンタテインメントの未来」
 *モデレータ:西村真里子 氏(SENSORS.jp編集長/株式会社HEART CATCH 代表取締役)
 *パネリスト:若 林  恵 氏(WIRED日本版 編集長)
        脇本 厚司 氏(公益財団法人画像情報教育振興協会(CG-ARTS)文化事業部 事業部長)
        藤井 直敬 氏(株式会社ハコスコ 代表取締役)

■INTER BEE IGNITION ステージデモ&セッション
会場:幕張メッセ・展示ホール4/INTER BEE IGNITION内オープンステージ
(※事前予約なしでご参加いただけます。当日、会場に直接お越しください。)
≪11月16日(水)≫
●「先進映像協会 アワード 表彰式 2016」
 先進映像協会 日本部会は、設立以来、良質な先進映像作品へ贈られるルミエール・ジャパン・アワードを実施してきました。本年度は3D、4Kに加えVR部門を設置すると共に、グッドプラクティス・アワードでは3DとVRをフィーチャーし、当該分野の普及・発展への寄与が期待される取り組みを表彰・公表いたします。

●「アドバンスト イメージング ユニバーシティ セミナー」
 *ガイ・プリムス 氏(The Virtual Reality Company CEO)(映画「オデッセイ」VR制作)
 *ジム・チャビン 氏(Advanced Imaging Society(先進映像協会 米本部)会長)
 *河合 隆史 氏(先進映像教会 日本部会 会長/早稲田大学 理工学術院 教授)
≪11月17日(木)≫
●「落合陽一に聞く、未来を切り開くメディアアートのチカラ」
 落 合 陽 一 氏(メディアアーティスト/筑波大学 助教)
 聞き手:西村 真里子 氏(SENSORS.jp編集長/株式会社HEART CATCH 代表取締役)

●「テレビマンが創るハイクオリティVRとメディアの未来 ~本格始動したローカル局発VRビジネスの今~」
 ○ GuruVRプレゼンテーション
  上路 健介 氏(株式会社ジョリーグッド 代表取締役CEO)
 ○ ローカル局発のVRビジネスの今
 *モデレータ:上路 健介 氏(株式会社ジョリーグッド 代表取締役CEO)
 *パネリスト:尾野上 敦 氏(株式会社テレビ西日本 技術局システム技術部長 兼 映像センターITコンテンツ部長)
        小川 哲司 氏(北海道放送株式会社 メディアビジネス局 デジタルメディア部長)
        木ノ原良太 氏(東海テレビ放送株式会社 営業局営業戦略部 担当部長)

●「4K8K大画面ビューイングの近未来」
 中村伊知哉 氏(慶応義塾大学大学院 メディアデザイン研究科 教授)
 中村 秀治 氏(株式会社三菱総合研究所 企業・経営部門副部門)
 吉 沢  章 氏(一般社団法人映像配信高度化機構 事務局長)

●「音楽の新たな楽しみ方 -ライブエンターテインメントの未来」
 *モデレータ:市來 孝人 氏(SENSORS.jp副編集長)
 *パネリスト:山田 智和 氏(映像作家・映画監督)
        鈴木 貴歩 氏(ParadeAll株式会社 代表取締役 エンターテック・アクセラレーター)
        依田 謙一 氏(日本テレビ放送網株式会社 事業局 事業推進部 (兼) 社長室企画部)

●「INTER BEE IGNITION NIGHT 2016」 17:45-19:00(参加無料:軽食・ドリンク付)
ライブビューイングビジネスの可能性を、ファンタジーユニット「STARMARIE」のパフォーマンスと、ライブプレゼンター羽渕彰博氏によるプレゼンテーションを行います。
単に大画面の4K8Kで中継するだけではない、LVゆえのカメラワーク、リアルとの連携、共有体験価値などについて考えます。

≪11月18日(金)≫
●「ライブエンターテインメントセッション」
4K/8Kや、AR/VRなどの様々なデジタル技術が、ライブエンターテインメントに新しいビジネスの可能性をもたらそうとしています。たとえば音楽に代表されるエンターテインメントは、録音録画主体から、ある程度ライブに回帰していくと思われます。こうした動きを一般社団法人デジタルサイネージコンソーシアムが業界の皆様にご提示します。

●「VRで映像は進化するのか?視聴から“体験”へ 先駆者が語るVR」
 *モデレータ:久保田 瞬 氏(株式会社Mogura 代表取締役社長/Mogura VR編集長)
 *パネリスト:渡 邊 徹 氏(全天球映像作家「渡邊課」)
        三代 千晶 氏(株式会社eje 代表取締役)
以 上

PDFダウンロード