【プレスリリース】Inter BEE 2014 明日11月19日(水)開幕!

2014.11.18 UP

平成26年11月18日

報 道 資 料
一般社団法人電子情報技術産業協会


音と映像と通信のプロフェッショナル展
Inter BEE 2014
[第50回] 2014年国際放送機器展
明日11月19日(水)開幕!
過去最多となる977社・団体が1,773小間を出展


一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA:会長 山本正已/富士通株式会社 代表取締役社長)は、明日11月19日(水)から21日(金)までの3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて、音と映像と通信のプロフェッショナル展「Inter BEE 2014(インタービー2014)/[第50回]2014年国際放送機器展」を開催します。
開催規模は、過去最多となる出展者数977社・団体(うち海外33カ国・地域から543社)、出展小間数1,773小間となり、会場規模を1ホール拡張し、幕張メッセ・展示ホール1から6までを使用して開催します。
〔2013年実績:918社・団体(うち海外30カ国・地域から536社)1,491小間〕
開催3日間で、昨年実績の31,979名を上回る35,000名の来場者を見込んでいます。

■国内随一の「国際メディア総合展示会」
今年、50回目となる節目の開催を迎えるInter BEEは、「映像・放送関連機材部門」、「プロオーディオ部門」、「プロライティング部門」、「ICT/クロスメディア部門」の4部門で構成され、放送事業者をはじめ、関連機器メーカ、サービス事業者、コンテンツビジネス関係者、さらには、クリエーターやデザイナーなど、幅広いステークホルダーが一堂に会し、年に一度の最新トレンドの情報発信、情報交流のハブとなる機会として活用されています。
また、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催決定により、大きな期待が寄せられる放送サービスの高度化に向けて、4K・8Kなどの超高精細映像技術、セカンドスクリーンやスマートテレビをはじめ、HTML5動画配信、デジタルサイネージやプロジェクションマッピング等、国内外の様々な企業・団体からメディア産業の今とこれからを指し示す注目の提案が見込まれており、国内随一の「国際メディア総合展示会」を目指して躍進してまいります。

■国内外エキスパートによる多彩なコンファレンスの同時開催
Inter BEEには、海外から音や映像の専門家やキーパーソンが来日するため、日本に居ながらにして、世界の最新の動向を共有できる点も大きな魅力となっています。

○基調講演〔11月19日(水)〕(会場:国際会議場2階・国際会議室)
基調講演1:全米放送事業者協会(NAB)最高技術責任者 サム・メサニー氏
基調講演2:日本放送協会 理事・技師長 浜田泰人氏
基調講演3:株式会社TBSテレビ メディア戦略室長 本間康文氏
○特別講演〔11月19日(水)〕(会場:国際会議場2階・国際会議室)
「進化する光ブロードバンド王国・とくしま」と題した飯泉嘉門徳島県知事の講演にはじまり、日本の社会課題に対応するICT社会インフラづくりをテーマに慶応義塾大学 村井純教授をチェアマンとしたパネルディスカッションを実施します。
○招待講演〔11月20日(木)/11月21(金)〕(会場:国際会議場2階・国際会議室)
アマゾン ウェブ サービスのメディア&エンターテインメント部門ジェネラルマネージャー マーク・ランバーグ氏の講演をはじめとして、海外の企業や団体のキーパーソンが、先進的な取り組みや最新動向などを連日紹介します。
○同時開催「第2回Japan Post Production Conference」(有料)〔11月19日(水)〕
米国NAB Showで開催されている有料セッションの日本版を今年も開催します。米国で注目の高かったトピックス4テーマを海外一流講師がレクチャーします。
〇さらに、毎回注目を集める「映像シンポジウム」、「音響シンポジウム」、「チュートリアル・セッション」など、国内外からエキスパートを迎え、最新動向を発信します。

■第50回開催記念イベント「INTER BEE EXPERIENCE(インタービー・エクスペリエンス)」
Inter BEEは本年、第50回開催を迎えるのを契機に、未来を見据え、展示会としての機能をもう一歩高めるべく、体験を通じてユーザーと製品・技術・情報がより効果的に触れ合うことのできる場を目指し、「INTER BEE EXPERIENCE」を新たに立ち上げました。
これまで国内の展示会では、コンサートやイベント会場で使用する機材を、実際の使用環境に近い空間で試聴することや、稼働させてのデモを体験できる機会はありませんでした。
INTER BEE EXPERIENCEでは、大空間で製品の実演をしながらプレゼンテーションが行える、体験型企画を展開いたします。
《Inter BEE 第50回開催記念イベント「INTER BEE EXPERIENCE」実施概要》
会 期:11月20日(木)  会 場:幕張メッセ イベントホール
入 場:無料(Inter BEE 2014への入場登録が必要)
第一部:ラインアレイスピーカー体験デモ(10:30-16:40)
*国内展示会では初となる、音響各社の参加による吊り下げラインアレイスピーカーの体験デモンストレーションを実施します。イベントホールの大空間を使用した“大音量デモ”により、スピーカーの性能を試聴体験いただけます。
第二部:アニバーサリー・ライブパーティー(17:40-19:40)
  *第50回開催アニバーサリーのイベントは、「映像・音響・照明・パフォーマンス」を融合した日本発・世界発信の「ライブ・エンターテインメント」。いま国内外から注目を集めるコンテンツクリエイター集団『ライゾマティクス』との共同制作により、日本のクリエイティブパワーを世界に向けて発信します。

■新企画「Inter BEE CONNECTED(インタービー・コネクテッド)」
スマートフォン、タブレットなどのモバイルネットワークやクラウドコンピューティングにより、ICT やメディア環境が大きく広がり変化していくなかで、映像コンテンツ配信や映像を活用した多様なアプリケーションなどによるメディアコミュニケーションは日々進化しています。
新企画「Inter BEE CONNECTED」では、放送と通信の連携やインターネットを通じたメディアビジネスの可能性、コンテンツ制作インフラとしてのクラウドの利活用の進展、これからの社会システムに不可欠なデジタルコンテンツとビッグデータ活用など、映像とICTの最新動向とその進化を発信する場として展開します。
明日、11月19日(水)には、USニールセン社 シニアバイスプレジデント エリック・ソロモン氏による基調講演「USにおけるメディア視聴動向と視聴率計測の最新トレンド」を実施します。(会場:幕張メッセ・展示ホール6)
以 上

PDFダウンロード