Inter BEE 2011  明日11月16日(水)、いよいよ開幕!

2011.11.15 UP

平成23年11月15日

報 道 関 係 各 位
一般社団法人 電子情報技術産業協会


音と映像と通信のプロフェッショナル展

Inter BEE 2011

過去最多となる35カ国/地域から800社が出展

明日11月16日(水)、いよいよ開幕!


一般社団法人 電子情報技術産業協会(JEITA/会長:矢野 薫・日本電気株式会社 代表取締役 会長)は、日本放送協会(NHK)と社団法人 日本民間放送連盟(NAB-J)の後援により、明日11月16日(水)から18日(金)までの3日間、幕張メッセ(千葉市美浜区)にて、音と映像と通信のプロフェッショナル展『Inter BEE 2011(インタービー2011)』を開催します。


【2011年開催規模】

開催規模は、出展者数800社(うち海外34カ国・地域から466社)、出展小間数1,329小間となり、幕張メッセ4ホールから8ホールまでを使用します。
[2010年実績:824社(うち海外:28カ国/地域から478社)1,345小間]

また、開催3日間で、3万人を超える来場者を見込んでいます。
特に、出展者の国/地域数は年々増加しており、過去最多となる35カ国/地域となっています。 Inter BEEが国際的な技術交流会、広範な需要開拓の場として位置づけられてきていると思われます。


【映像コンテンツ製作・配信技術に関するメディア総合展示会】

1965年に始まり今回で47回を迎えるInter BEEは、米国のNAB、欧州のIBCとともに放送技術の推進役として、大きな成長を遂げてきました。メディアのデジタル化によりコンテンツの多様性が広がる中、Inter BEEは、映像コンテンツ製作技術と配信技術に関するメディア総合展示会へ変貌を遂げつつあります。

特に、今開催より、クロスメディアとデジタルコンテンツを訴求する新部門「クロスメディア部門」を新設するなど、国際的な技術交流会、広範な需要開拓の場として、ビジネスチャンスを提供してまいります。
これにあわせて、総務省の参加を得て、ホワイトスペース、V-Lowなどアナログ停波後の新たなビジネスを探る展示領域を拡大します。

また、新たに経済産業省が主催するCoFesta2011のオフィシャルイベントの認定を受け、コンテンツを中心としたメディア総合展への進展を図ってまいります。

さらには、ステージング映像、プロジェクションマッピング、ライブサウンドなど、新たな分野への領域拡大を目指し、従来の「創る」、「送る」のみならず、「魅せる」分野も追加していく企画を実施するほか、ラウドネスメータ展示を集約したラウドネスメータゾーンを設置し、地上デジタル完全移行後の新しいビジネス領域を網羅します。


【世界レベルの技術動向を読む】

Inter BEEでは、機器展示に併せて様々な企画・イベントを開催しています。
毎回、注目を集める「Inter BEE Content Forum」では、“次世代のコンテンツ ~信頼と創造~”をテーマに掲げ、国内外から映像・音響各分野で活躍する第一人者をプレゼンターに迎え、ユーザエクスペリエンスによって変わるコンテンツビジネスの最新動向を議論します。

開催初日の11月16日(水)には、全米放送事業者協会〔National Association for Broadcasting(NAB)〕のゴードン・スミス会長、日本放送協会の永井研二専務理事・技師長による基調講演を実施します。

「Inter BEEチュートリアル・セッション」では、放送・映像・音響業界の若手人材や興味を持つ学生を対象に、第一線で活躍する講師陣が、最先端の技術トレンド、最新機器・システムの活用法、コンテンツ制作手法などを伝授し、若手人材の育成とともに今後の業界発展に貢献してまいります。

また、Inter BEE発足以来の併催行事となっている「民放技術報告会」では、全国民放局の第一線の専門家が、変革を遂げつつある放送局の現状や課題を語り、各局が開発した様々な最新技術を一般に公開する唯一の場として、これからの放送の方向を知る貴重な機会となります。
今開催では、“検証!東日本大震災と放送技術 ~地震発生から数日間を検証し、何に備え何をすべきか?~”をテーマとした特別企画を実施します。

さらに、世界的な技術潮流に呼応し、「Asia Contents Forum Powered by DigiCon6」や「ラウドネスサミット東京」が同時開催され、様々な最新技術動向が多岐にわたり情報発信されます。

以 上



最新情報および詳細については、公式Websiteをご参照願います。
http://www.inter-bee.com


本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
運営事務局:一般社団法人 日本エレクトロニクスショー協会 担当:金子
TEL:(03)6212-5231 E-mail:contact@inter-bee.com
Inter BEE 2011プレスルーム
(11月16日~18日の3日間、幕張メッセ5ホール1Fに設置します。)
担当:洞井(ほらい) TEL:(043)296-4151

PDFダウンロード