【PRONEWS】JVC、IBC 2017出展概要を発表。グラフィックオーバーレイ対応カメラ「GY-HM200ESB」などを展示

2017.09.13 UP


グラフィックオーバーレイ対応カメラ「GY-HM200ESB」

株式会社JVCケンウッドは、2017年9月15日~19日、オランダ・アムステルダムで開催される放送機器展「IBC 2017」に出展する(ブースNo.12 F31)。

同社ブースでは、スポーツ報道ソリューションとしてグラフィックオーバーレイ対応カメラを使った撮影・ライブ配信のデモンストレーションをメインに、IPを活用した効率的な中継ソリューションである「ProHD Bridge」シリーズの提案や、4Kモデルをラインアップに加えた映像制作用モニター新「DTシリーズ」の参考展示などを行う。「ハードとソフトの融合」を実現する独自のカメラソリューション、およびパートナー企業とのコラボレーションによる映像制作ソリューションを提案するとしている。主な展示内容は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

1:スポーツ中継をテーマとする映像から配信までのトータルソリューション

映像撮影から配信までのトータルソリューションを、スポーツ中継をテーマに提案します。ライブ中継のストリーミング映像にゲームスコアやチームロゴ、タイトルを重畳して記録・配信が可能なグラフィックオーバーレイ対応カメラとして、カメラレコーダー「GY-HM200ESB」を展示するとともに、PTZカメラ「KY-PZ100BESB/PZ100WESB」を参考出品します。

また、バージョンアップにより当社カメラレコーダー※1のリモートコントロールにも対応したカメラコントロールユニット「RM-LP100E」も展示。展示商品に加え、ライブストリーミングプラットホームであるStreamstar社製配信スイッチャーを使用し、「コンテンツ撮影」「ネットワーク伝送」「編集」「グラフィックオーバーレイ」「WEBページヘの埋め込み」「配信」という一連のワークフローをデモンストレーションします。

※1 対応機種「GY-HM200/HM660/HM850/HM890」
2:IP伝送システム「ProHD Bridge」シリーズによるライブ映像制作向けIPソリューション

ニュースやライブイベントなどの中継に向け、香港Peplink社とのコラボレーションにより商品化したIP伝送システム「ProHD Bridge」シリーズでは、公衆回線を使って場所を選ばず即時にライブ映像を伝送できる中継ソリューションを提案します。「ProHD Bridge」は、複数の公衆回線を束ねて伝送するボンディング技術を使い、信頼性と転送レートを高めたIP伝送中継器システムです。複数台のカメラに対応するポータブル型の「ProHD Portable Bridge」と、当社カメラレコーダー「GY-HM850/HM890」本体に装着することで、優れた機動性を発揮するカメラ装着タイプの2モデルを展示します。

3:4Kモデルをラインアップに加えた映像制作用モニター、新「DTシリーズ」(参考出品)

映像制作向けでは、当社として初めて4Kモニターが新たにラインアップに加わった映像制作用モニター、新「DTシリーズ」を参考出品します。4Kモニターは、12ビットカラー処理が可能な10ビットパネルを搭載し、HD-SDI×4入力を装備した2モデル(31型・28型)を参考展示。また、HDモニターは、3G HD-SDI接続とHDMI 2.0に対応し、さらに4Kスケーリングを含む幅広いビデオ信号もサポートする4モデル(27型・24型・21型・17型)を展示します。

4:「GY-LS300CHE」とATOMOS社製レコーダーによる4K/60p HDR収録ソリューション

Super35mmイメージセンサーを搭載した当社製4Kメモリーカードカメラレコーダー「GY-LS300CHE」とATOMOS社製のモニター一体型レコーダー「SHOGUN INFERNO」「NINJA INFERNO」との組み合わせによる映像収録ソリューションを提案します。高精細・高画質の4K/60p収録、およびカラーグレーディングの幅を広げるJVC Logを使ったHDR収録の2つのソリューションを紹介します。

5:米RTI社との協業によるVR映像制作・ライブ配信用360°映像ソリューション

米国Realtime Immersion社(RTI)とのコラボレーションにより、Super35mmイメージセンサーを搭載した360°撮影カメラとVRヘッドマウントディスプレイ、専用VRアプリケーションにより、360°VR映像撮影を実現するプロトタイプシステムを参考出品。業務用放送向けに360°映像撮影・ライブ配信ソリューション提案します。

カメラ部分は、スポーツ、エンターテイメント、ニュースなどのVR映像のライブ配信などを360°撮影する際に最適な3Kx3K読出しに対応。RTI社の独自開発による一眼カメラデザインの光学システムと組み合わせることで、高画質でつなぎ目のないスムーズな映像を送出できます。また、複眼カメラでは、スティッチングソフトが不要なため、映像の遅延を最小に抑えることが可能です。あわせて、携帯端末への360°ライブ映像配信が可能なアプリケーションや360°コンテンツの表示に対応したVRヘッドマウントディスプレイも展示します。

原文を読む 前後の記事
2017.09.14
【PRONEWS】[inside DaVinci 14]Vol.01 編集やカラーグレーディングの新機能を徹底紹介
2017.09.14
【PRONEWS】アドビ、IBC 2017でAdobe Creative Cloud映像制作ツールの次期アップデート内容を発表
2017.09.13
【PRONEWS】JVC、IBC 2017出展概要を発表。グラフィックオーバーレイ対応カメラ「GY-HM200ESB」などを展示
2017.09.13
【PRONEWS】NewTek、Vizrt社と共同開発のIPグラフィックスサーバ「NVG1」を発表
2017.09.13
【PRONEWS】NewTek、Vizrt社と共同開発のIPグラフィックスサーバ「NVG1」を発表