48時間で映画を作る「The TOKYO 48 Hour Film Project 2017」開催決定!

2017.05.19 UP


東京を中心に地域で活躍する映像クリエイター達が集い、どのチームが48時間で最も優れたショートフィルムを作るかを競い合う「The TOKYO 48 Hour Film Project 2017」が開催される。2017年5月30日よりエントリーを開始し、2017年6月6日、7月4日には東京・千代田区にある東京ビジュアルアーツにて説明会が行われる。

2001年にスタートした48 Hour Film Projectは、脚本、撮影、編集すべての映画製作の過程を48時間以内で行い、1本の短編映画を完成させる映画製作コンペティション。2017年には世界約140以上の都市で開催され、日本では大阪が7回、東京は3回目の開催となる。The TOKYO 48 Hour Film Project 2017への参加登録料は以下の通り。

登録受付:5月30日から

  • 早期:14000円/チーム(終了7月10日)
  • 通常:16000円/チーム(終了7月25日)
  • 後期:18000円/チーム(終了8月4日)

また、最優秀賞に輝いた作品は、2018年3月に米国で開催される映画祭「Filmapalooza 2018」に駒を進め、世界中から選びぬかれた優秀作品と競い合う。さらにその中から選出される約10作品は2018年度「カンヌ映画祭短編映画部門」で上映される。

第1回説明会
日時:2017年6月6日(火)18時30分~20時30分
場所:東京ビジュアルアーツ

第1回説明会
日時:2017年7月4日(火)18時30分~20時30分
場所:東京ビジュアルアーツ

Kickoff Event
日時:2017年8月4日(金)18時00分~21時00分
場所:デジタルハリウッド大学E-15

Dropoff Event
日時:2017年8月6日(日)18時30分~21時00分v 場所:デジタルハリウッド大学E-15

Premiere Screenings
日時:9月2日(土)上映時間未定
場所:なかのZERO
入場料:一律1,000円/プログラム

The TOKYO 48 Hour Film Project 2017

原文を読む 前後の記事
2017.05.22
銀一、RODEのXLR-TRS変換アダプター「VXLR+」を発売
2017.05.22
RAID、「RAID After NAB 2017」を開催
2017.05.19
48時間で映画を作る「The TOKYO 48 Hour Film Project 2017」開催決定!
2017.05.19
ソニー、開放F値2.8の大口径ズームレンズ「FE 16-35mm F2.8 GM」および広角12mmをカバーする超広角ズームレンズ「FE 12-24mm F4 G」を発表
2017.05.19
[鈴木佑介のLook Ahead-未来に備える映像制作-]Vol.01 FUIJNONMKレンズ〜手持ちでシネレンズを使う時代がやってきた