[NAB2017]パナソニック、NAB2017出展概要を発表。コンテンツ制作をサポートする幅広い映像ソリューションを提案

2017.04.20 UP


※写真はNAB2016の様子

パナソニックは、2017年4月22日から27日(米国時間)の期間中に米国ラスベガスで開催されるNAB2017に出展する(セントラルホール/C3607)。

メインブースは、「Connected Stadiumコーナー」と「Productionコーナー」の2つで構成されており、Connected Stadiumコーナーでは、大型表示システムやサイネージをはじめ、撮影、編集、送出、配信までの商品ラインアップを展示し、スポーツ撮影システムから表示装置まで、トータルソリューションを提案する。

Productionコーナーでは、放送・制作向けの4K/8K時代に応える技術を紹介。従来の2K運用と同等の機能が特徴で2017年秋発売予定の大型ライブスイッチャー「AV-HS8300」や、UHD(4K)出力とHDのサイマル出力に対応した4Kスタジオハンディカメラ「AK-UC3000」シリーズ、1080p 4倍速ハイスピード撮影が可能なHDスタジオハンディカメラ「AK-HC5000」シリーズを展示する。

左からビデオペリフェラルAV-PF8000シリーズ、ルーティングスイッチャーAV-WM8000 シリーズ、ライブスイッチャーAV-HS8300シリーズメインフレーム、ライブスイッチャーAV-HS8300シリーズコントロールパネル/メニューパネル

映像制作向けには、色再現性や広いダイナミックレンジが特徴のシネマ用4Kカメラレコーダー「VARICAM 35」や、小型4Kカメラレコーダー「VARICAM LT」に加えて、「VARICAM 35」のカメラモジュールにV-RAW2.0レコーダーが直接接続された4Kカメラレコーダー「VARICAM Pure」を展示。4K解像度で120fpsの非圧縮RAW信号が記録可能なカメララインアップを紹介する。さらに、広角24mm+光学20倍ズーム、1.0型MOSセンサーを搭載した4Kメモリーカード・カメラレコーダー「AG-UX180」、広角24.5mm光学15倍ズーム、1.0型MOSセンサー搭載4Kメモリーカード・カメラレコーダー「AG-UX90」を中心に4Kカメララインアップを展示するとしている。

4Kメモリーカードカメラレコーダー「AG-UX180」

■主な出展システム

  • K/HDスタジオハンディカメラ
  • 4Kマルチパーパスカメラ
  • 屋外対応HDインテグレーテッドカメラ
  • ポータブルレコーダーシステム「POVCAM」
  • 360度ライブカメラ
  • 大型ライブスイッチャー(4K 対応)
  • IPネットワークを利用した高画質映像の伝送技術「MOIP」
  • 4K/HD スタジオハンディカメラ
  • 4Kマルチパーパスカメラ
  • 屋外対応HDインテグレーテッドカメラ
  • ポータブルレコーダーシステム「POVCAM」
  • 360度ライブカメラ
  • 大型ライブスイッチャー(4K 対応)
  • IPネットワークを利用した高画質映像の伝送技術「MOIP」

原文を読む 前後の記事
2017.04.21
[土持幸三の映像制作101]Vol.21 映像制作の基本と、舞台の演技、映像の演技の違い
2017.04.21
東京を360°体感するアート空間「TOKYO ART CITY by NAKED」が開催
2017.04.20
[NAB2017]パナソニック、NAB2017出展概要を発表。コンテンツ制作をサポートする幅広い映像ソリューションを提案
2017.04.20
ソニー、レンズ交換式デジタル一眼カメラα99 IIなどの3機種が「TIPAアワード2017」を受賞
2017.04.20
キヤノン、EOS 5D Mark IVなどの3機種が「TIPAアワード2017」を受賞