【PRONEWS】[CES2017]Kodak PIXPRO、新360°VRカメラ「ORBIT360 4K」を発売へ

2017.01.11 UP

170110_kodakorbit3604k_top

Kodakブランドのアクションカムに、360全方位撮影ができる「ORBIT360 4K」が加わった。ORBIT360 4Kの価格は米499ドルで、発売時期は未定だが1月中とされている。

ORBIT360 4Kは、フロント、バックに1/2.3型2000万画素裏面照射型センサーを搭載した魚眼レンズを持ち、付属の編集ソフトウェア(PIXPRO STITCH)でスティッチを行い全方位の映像が制作できる。焦点距離はフロントが1.633mm、バックが1.257mm。フォーカスレンジは30cmから。レンズ構成は両レンズとも7群8枚、絞りは2.4。手ぶれ補正機構も搭載している。

170110_dual SP360 4Kアクションカムを2台マウントさせることで全方位映像を制作することができていたが、これを1台にしたものがORBIT360カメラだ 170110_orbit_a サイズは55.0mm×55.0mm×66.mm、重さは約170g(本体のみ)。ボディ色は白のみ

撮影モードは、360°全方位、フロントの魚眼レンズで撮影する4Kフルフレーム、半球(235度)ビューの3つのビューアングルから選択できる。映像クオリティについては、360°全方位では3840x1920/15fps(2:1)、1920x960/30fps、4Kフルフレームでは3840x2160/30fps(16:9)、1920x1080/60fps、半球(RAW/Globe)では3840x1920/24fps。加えて360°全方位で、1,440×720@120fpsのスローモーション動画を撮影することができる。静止画はJPEG(Exif 2.3)、動画はMP4(Audio:AAC)。SP360 4Kと同様に、YouTubeの360°動画とFacebookの360°動画/静止画に対応する。データはSuper microSDカード(最大128GB)で保存できる。

170110_orbit_b

インターフェースにUSB 2.0(micro 5 pin USB)、HDMI(Type D)、ステレオマイク入力、そしてWi-Fi(802.11b/g/n)、NFC、Bluetooth(BLE4.1)を持っており、専用アプリを経由してソーシャルサイトに映像をアップロードすることができる。バッテリー持続時間は、動画収録(4K/30fps)で約55分(Wi-Fi使用時)。

170110_kodak_00 Kodak PIXPROデジタルカメラとデバイスラインに360°VRカメラが加わる。KodakロゴのついたKodak PIXPROコンシューマーカメラは、JK ImagingがKodakとブランドライセンス契約のもと、生産、販売を行っている

(ザッカメッカ)

原文を読む 前後の記事
2017.01.12
【PRONEWS】[CES2017]Vol.05 テレビが主役ではないCESにおける映像利用の新たなフィールド
2017.01.11
【PRONEWS】[CES2017]Vol.04 CESで見つけた興味深い映像に関する技術
2017.01.11
【PRONEWS】[CES2017]Kodak PIXPRO、新360°VRカメラ「ORBIT360 4K」を発売へ
2017.01.11
【PRONEWS】[CES2017]Dell、5000ドルを切る32型の8Kモニターを発表。今春に発売開始へ
2017.01.11
【PRONEWS】IDK、VIDEO OVER IP機器「NJR-04HD」を発表。HDMI4系統を光ファイバー1本で伝送可能