Inter BEE 2019

入場事前登録
キャプション
映像制作/放送関連機材 2019.09.30 UP

【NEWS】日本テレビ放送網 ラグビーワールドカップ2019でドコモの5Gプレサービスを利用した生中継の4K映像素材伝送に成功

IMG
実証実験のイメージ

 日本テレビ放送網とNTTドコモは9月21日、「ラグビーワールド カップ2019 ニュージーランド v 南アフリカ」の一部で、5Gプレサービスを活用した4Kカメラ映像の伝送をテレビ生中継番組に利用した。スタジアムの外観映像を、5Gプレサービス対応端末経由で5Gネットワークへ繋ぎ、日本テレビ本社まで伝送。日本テレビ本社内の放送設備経由で、BS日本の番組内において、一部中継映像として使用した。NTTドコモは、ラグビーワールドカップ2019のトーナメントサプライヤー。

5G対応端末で4K映像を伝送

IMG
5G通信環境による素材伝送の様子(右端が5Gプレサービス対応端末)

 4Kカメラの映像を5Gプレサービス対応端末を用いて、5G通信環境で伝送した。テレビ局の外でのイベントを生中継する際は通常、中継先の映像をテレビ局までケーブルやFPUなどの専用無線回線を利用して伝送するが、今回はケーブル伝送をせずに大容量の映像を伝送できた。

 5G商用サービスと同様の環境である5G通信をテレビ生中継に活用する事例は、日本で初となる。5Gプレサービスとは、次世代移動通信システム「5G」として割り当てられた周波数帯および商用装置を用いた環境で、商用サービス時と同等となる環境。5Gの商用サービス開始時と同等の5Gネットワーク環境を使用したことで、より実サービスに近い条件での実験に成功した。

【概要】

■試合:ラグビーワールドカップ2019 ニュージーランドv南アフリカ
■開催日時:2019年9月21日(土)18:45
■会場:横浜国際総合競技場西ゲート付近
■各社の役割
[日本テレビ]
・企画立案
・4Kカメラでの撮影
・テレビ中継の運用
[ドコモ]
・5Gプレサービス環境の提供
・5Gプレサービス対応端末の貸与

  1. 記事一覧へ