Management

2016.9.14 UP

【NEWS】ニューテック HDD2台構成の小型NAS新製品  低価格版、高性能版の2機種を発売 安定稼働設計と障害時対応を重視し監視カメラ、デジタルサイネージ向け拡販をめざす

Ness1000シリーズ
Ness1000シリーズ

 ニューテックは9月12日、小型NAS製品「Ness1000シリーズ」を発売した。HDD2台のハードウェアミラーリング構成のNAS。内蔵のCPUに Skylake: Core i3 を用いた「Ness1100」と、 Braswell: Celeronを用いた「Ness1000」の2機種を用意している。OSはWindows Storage Server 2012 R2 Workgroupと、LinuxベースのiXの2種を用意。SSDに搭載し、データ容量は2,4,6,8,10TBがある。
 ミラーリングコントローラは、同社が産業機器向けにOEM提供しているハードウェアRAIDコントローラを用いている。 コントローラはエラー・リカバリー機能、オート・リビルド機能、パトロール・リード機能、エラー・スキップ・リビルド機能及びエラー・ログ記録機能を装備。これにより、HDDの障害予防、HDDの安定稼働、障害時の解析などが可能。
 このほか、HDDの異常を検出してユーザーに通知する「専用監視アプリケーション」を搭載している。
 HDDはエンタープライズストレージに搭載するものと同モデルを使用。1台のHDDが故障しても、HDDはRAIDコントローラにより冗長化されているため、データを喪失しない。ホット・スワップに対応しており、運用を継続しながら壊れたHDDを交換できる。
 電源は安定稼働を実現する内蔵電源で、電源コード抜け防止機構となっている。8cmと大口径の冷却ファンはを採用し、静音で高い冷却効果を実現。ファンの故障監視・通知機能も搭載している。
 また、盗難防止のために、HDDにロックができるほか、筺体のセキュリティスロットも装備されている。
 小型高性能で、連続運用の安全性を高めた製品として、監視カメラ、デジタルサイネージなどでの普及を目指す。また、OEMにも対応していく。初年度は500台強の販売を予定。

■問い合わせ先
ニューテック 電話:03-5777-0852、E-mail: sales@newtech.co.jp

関連URL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加