Management

2015.7.16 UP

【NEWS】フジテレビ、香港テレコム事業者PCCWと戦略的パートナーシップ提携。アジア各国OTTサービス展開に向けて番組コンテンツを提供

ベトナムVTV3で放送中の『Brain Walls』
ベトナムVTV3で放送中の『Brain Walls』
ベトナム放送局THVL1が今夏に放送予定の『Sensational』
ベトナム放送局THVL1が今夏に放送予定の『Sensational』

 フジテレビは7月7日、香港最大の通信事業社で、香港最大のペイTV「now TV」を擁するPCCW Limited(PCCW)と戦略的パートナーシップを提携し、PCCWの東南アジア市場OTT配信サービス向けに番組コンテンツを提供していくことを発表した。
 PCCWはテレコム事業に加えて、2003年よりIPTV放送サービス「now TV」を展開し、現在は120万件以上の加入者を持つ香港最大の有料TV事業者として成長。 今春には、東南アジア市場に強みを持つオンデマンドビデオサービスプラットフォームを手掛けるVuclip社を買収し、OTTビデオ事業の戦略的拡大に乗り出している。 PCCWは年内にも東南アジア市場でOTTサービスを開始する予定。 
 フジテレビは近年、北米・中南米・欧州・中国・台湾・韓国等へインターネットVOD配信向けにコンテンツ供給を行ってきている。2012年においては英Fremantle Media(Asia)、米Gurin、仏Newenグループと戦略的提携を結び、共同プロジェクトとしてアジア市場向けを含む番組制作を行っている。昨年は中国のiQiyiとタイアップし、中国市場OTT向けに『Mysterious Summer (不可思議的夏天)』(上写真)を制作した。
 また7月にはNetflixと提携し、リアリティドラマ『テラスハウス』のスピンアウト番組『TERRACE HOUSE NEW SEASON COMING』(仮)と連続ドラマ『アンダーウェア』(英題:Atelier)を共同制作、およびNetflixにてこれら2作品を独占先行配信する契約を行っている。
 アジアでは既にインドネシアとマレーシアのプロダクション会社と提携している。今回のパートナーシップ提携により、かねてより需要の高い東南アジアに対して人気番組コンテンツの配給し、更なる同社ブランドの国際展開強化が行えるとしている。  


『Mysterious Summer』
 本作は現在、ソフトバンク社が保有するOTTサービスDreamFever経由で米国、南米市場へも提供されている。

『Brain Wall』
 ベトナムVTV3で放送中の「Brain Wall (脳カベ)」はFremantle Mediaとの共同制作。「とんねるずのみなさんのおかげでした」のアウトレット版。

『Sensational』
 Newenとフジテレビが制作したコメディゲームショー。ベトナム放送局THVL1が今夏に放送予定。 

関連URL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加