【NEWS】8K映像「そうかえん」をパブリックビューイング 2SI分割により現行4Kコーデックで8K映像送受信

2018.9.4 UP

8K映像「そうかえん」パブリックビューイングの様子
アストロデザイン雪谷本社のパブリックビューイング会場

アストロデザイン雪谷本社のパブリックビューイング会場

アストロデザイン雪谷本社の受信アンテナ

アストロデザイン雪谷本社の受信アンテナ

パブリックビューイング会場のデコード、上映装置

パブリックビューイング会場のデコード、上映装置

 スカパーJSAT、アストロデザイン、朋栄、ソニービジネスソリューションの4社は、8月26日、8K映像「そうかえん」を2SI分割し、現行の4Kエンコーダー/デコーダーを用いてパブリックビューイングを実施した。

 今年5月に実施した、8K映像の2SI分割伝送実証実験に続くもの。5月の実証実験により、「2SI分割」方式を用いることにより、8K映像の送受信で4Kエンコーダー/デコーダーによる120Mbpsの伝送が可能であることが実証された。今回はその実験を受けて、現行の4Kエンコーダー/デコーダーで8K映像送受信が可能であることを実証した。

 当日は、パブリックビューイングのほか、スカパー!プレミアム(ch.596)で4K生中継、BSスカパー!およびスカパー!オンデマンドでHD生中継を実施した。放送では4Kカメラ4台+8Kカメラ4台の計8台で制作を行い、8KPVは8Kカメラ4台で制作した。

 「そうかえん」とは、正式名称を「富士総合火力演習」と呼び、静岡県御殿場市の東富士演習場で、 一般公開のもと陸上自衛隊が行う演習の一つ。

【8K映像「そうかえん」パブリックビューイング実施概要】
 実施日:2018年8月26日(日)10:00~12:30
 中継映像:平成30年度富士総合火力演習
 撮影・送信場所:陸上自衛隊 東富士演習場
 受信・上映場所:アストロデザイン 雪谷本社
 使用機材:
 8Kカメラ
  アストロデザイン:AH-4801-G
  シャープ:8C-B60A
  ソニー:F65RS+BPU-8000(8K運用)
 4Kエンコーダー/デコーダー 富士通:IP-HE950
 8Kコンバータ(2SI変換) アストロデザイン:SC-8219
 12G-SDI対応プロセッサ 朋栄:FA-9600
 8Kレコーダー アストロデザイン:HR-7518
 8K映像確認用ディスプレイ シャープ:LC-70X500
 8Kプロジェクター アストロデザイン:8K DLPプロジェクター
 12G-SDI光伝送機器協力:株式会社日本ビデオシステム
 ハイレゾ音声収録協力:株式会社インターネットイニシアティブ
 使用衛星:JCSAT-3A
 伝送レート:150Mbps 64APSK

アストロデザイン雪谷本社のパブリックビューイング会場

アストロデザイン雪谷本社のパブリックビューイング会場

アストロデザイン雪谷本社の受信アンテナ

アストロデザイン雪谷本社の受信アンテナ

パブリックビューイング会場のデコード、上映装置

パブリックビューイング会場のデコード、上映装置

SNSにて情報配信中#interbee2018

  • Twetter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube