Delivery

2017.11.8 UP

【Inter BEE 2017】アイ・ディ・ケイ 4K@30,HDCP2.2対応1GbE VIDEO OVER IP ネットワーク延長器を出展 最大100mまで延長可能

VIDEO OVER IPネットワーク延長器「NP-HD2IP-TR」
VIDEO OVER IPネットワーク延長器「NP-HD2IP-TR」
高機能EDIDエミュレーションバッファ「DDC-03UHD」、
高機能EDIDエミュレーションバッファ「DDC-03UHD」、
4K@60(4:4:4),HDCP2.2対応 HDMI切換器「IMP-400UHD」
4K@60(4:4:4),HDCP2.2対応 HDMI切換器「IMP-400UHD」

 アイ・ディ・ケイは11月15日(水)から17日(金)まで、幕張メッセで開催するInter BEE 2017に出展。次世代AVシステムとして、国内においても導入が進んでいる4K対応 VIDEO OVER IP(IP-NINJARシリーズ)をはじめ、フルスペック4Kまでサポートする映像周辺機器、デジタルマルチスイッチャ新製品、大規模監視システムに対応したビデオウォールコントローラや大型マトリクススイッチャなど、デモを交えながら幅広いラインアップ展示をする。
 また、共同出展となるアルバニクス社のコーナーでは、海外発の新製品の紹介とデモを行う。
(Inter BEE 2017は入場無料。下記サイトで事前登録を受け付け中)

■VIDEO OVER IPネットワーク延長器「NP-HD2IP-TR」
 NP-HD2IP-TRは最大4K@30の高解像度映像をCat5e/6ケーブルで送受信。最大100mまで伝送することができるIPネットワーク延長器。また1GbEスイッチ経由で最大200m延長が可能 。PoE対応の1GbE スイッチと組み合わせることにより、送受信器双方の設置場所に電源がなくても、簡単かつ柔軟にビデオウォール、マトリクススイッチャなどのシステムを構築できる。RS-232C双方向通信やUSBの延長によるKVMにも対応する。またIRリモコン信号の延長も可能。

 ■高機能EDIDエミュレーションバッファ「DDC-03UHD」
 DDC-03UHDは、4K@60、HDCP 2.2に対応する、高機能EDIDエミュレーションバッファ。4Kシステムを構築する際、現状ではフルスペック4Kと呼ばれる4K@60 4:4:4フォーマットをはじめとして、各種フォーマットが存在する。DDC-03UHDはシステム内でのEDIDをエミュレートすることで、映像表示機器や伝送機器のスペックを超えた信号が伝送されないよう、ソース機器の映像・音声出力をコントロールする。
また、入力部のケーブル補償機能と、伝送路によって劣化した入力信号を再構築するクロックデータリカバリを搭載。映像信号を長距離伝送できる。

■4K@60(4:4:4),HDCP2.2対応 HDMI切換器「IMP-400UHD」
 HDMI切換器の新製品「IMP-400UHD」は、4K@60、HDCP 2.2に対応する4入力1出力のHDMI切換器。音声信号は、選択したデジタル音声入力をアナログ音声に変換して出力。また、入力チャンネル自動切換機能も搭載しており、スイッチ操作なしで映像切り換えが可能。制御用通信ポートとして、RS-232CとLANを装備している。
各種設定を遠隔操作可能。さらに外部制御インターフェースとして接点入力/タリー出力を装備しており、LED付スイッチを使用したコントロールパネルからのリモート制御にも対応する。11月発売予定。


出展企業名:(株)アイ・ディ・ケイ(アルバニクス社との共同出展)
ブース番号:ホール4 /4202
関連URL:http://www.idk.co.jp

◆Inter BEE 2017 開催概要◆
■会期:2017年11月15日(水)~11月17日(金)〔3日間〕
■展示時間:11月15日(水)・16日(木)10:00-17:30/17日(金)10:00-17:00
■会場:幕張メッセ(展示ホール1~8、イベントホール、国際会議場)千葉市美浜区中瀬2-1
■入場:無料(登録制)
■主催:一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)
■後援:総務省、経済産業省(建制順)
NHK、一般社団法人日本民間放送連盟、一般社団法人電波産業会(順不同)
■運営:一般社団法人日本エレクトロニクスショー協会(JESA)

関連URL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加