Delivery

2015.11.11 UP

【Inter BEE 2015】サンテレビ 神戸マラソンでハイブリッドキャストによる「マルチアングル・ライブストリーミング中継実験」 視聴者がカメラ映像を選択 Inter BEEでデモ

ハイブリッドキャストの画面イメージ
ハイブリッドキャストの画面イメージ
システム図
システム図

■Inter BEE メディアキャストのブースでデモ
 サンテレビジョンは11月15日、神戸市内で開催される市民参加型フルマラソン「第5回神戸マラソン」の生中継番組で、ハイブリッドキャストを使った「マルチアングル・ライブストリーミング中継実験」を実施する。マラソンコース内の複数地点に設置されたカメラからの中継映像の中から、視聴者がどの地点の映像を見るかをリモコン操作で自由に選択し、テレビ画面で視聴できる。
 アクトビラとメディアキャストの技術協力によるもので、新たなスポーツのテレビ中継手法として注目される。メディアキャストは、11月18日(水)から20日(金)の3日間、幕張メッセで開催されるInter BEE 2015の自社ブース(ホール2、ブース2504)で同技術の展示をする予定だ。

■「好きな地点の映像を見たいという視聴者の要望に応え模索」
 サンテレビは、毎年、神戸マラソンを生中継しており、スタート地点(神戸市役所前)、クォーターマラソンフィニッシュ地点(須磨浦公園)、折り返し地点(明石海峡大橋付近)、フィニッシュ地点(市民広場付近)などの複数個所からランナーを撮影し、自局のテレビ番組、および、インターネット経由のWebサイトで視聴者に映像を配信してきた。サンテレビは、視聴者から「自分の好きな地点の映像を見たい」という多くの要望に応える方法を模索してきたという。

■マルチキャストの機能を活用 新たな番組企画も
 今回の実験では、ハイブリッドキャスト機能を使用し、放送波の映像とは別に、複数地点からの映像を同時にインターネット経由でテレビへ配信する「マルチアングル・ライブストリーミング」サービスを提供する。視聴者は、リモコン操作でテレビでも任意の映像を選択視聴できる(ハイブリッドキャスト対応テレビでの視聴が条件となる)。
 サンテレビは、今回の実験に加え、データ放送を駆使した様々な企画(全ての視聴者が参加可能なプレゼント応募企画や、ツイッター連携などによる応援メッセージ企画など)を展開する予定。
 ”市民参加型マラソン+視聴者参加型の中継番組”として、今後のクロスメディア展開に弾みをつける。


【番組概要】
番組名:シスメックス スポーツスペシャルKOBE MARATHON 2015〜 5-ingマイウェイ 〜
放映日時:2015年11月15日(日)
第1部: 8:30〜12:30
第2部:12:30〜15:25
第3部:15:25〜16:15
※スタートからフィニッシュまで7時間すべて生中継

番組サイト
http://sun-tv.co.jp/kobe_marathon2015/hybridcast

第5回神戸マラソンの詳細
http://kobe-marathon.net/2015/

関連URL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加