Creation

2018.4.26 UP

【NAB Show 2018】Insta360 プロ用360度カメラ「Insta 360 Titan」を出展 10K60fps対応。5Kで120fps収録も PremiereProによる編集機能も発表

右がInsta360 Titan。左が既発売のInsta360 PRO
右がInsta360 Titan。左が既発売のInsta360 PRO
Insta360(Shenzhen Arashi Vision)のブース
Insta360(Shenzhen Arashi Vision)のブース
23日に発表されたAdobe Premiere Pro CC拡張機能
23日に発表されたAdobe Premiere Pro CC拡張機能

 Insta360シリーズなど、360度カメラを開発するShenzhen Arashi Visionは、NAB 2018ブースで「Insta360 Titan」を出展した。今年1月に開催されたCESで発表されたプロ用360度カメラで、既に発売されているInsta360 PROの上位機となる。

 会場にはInsta360 PROと並べて展示されていたが、Insta360 PROより一回り大きくした筐体で、レンズは撮影画角200度という魚眼レンズが8個搭載されている。 この広画角のレンズを使用することにより360度映像をステレオで収録が可能となった。
 静止画、動画とも10Kで収録ができる。 センサーサイズは4/3。動画では10K60fpsに対応。解像度を5Kまで落とせば120fpsのハイフレームレート収録ができる。メディアスロットはSSDスロット×1 SDカードスロット×8となっている。

 Shenzhen Arashi Visionは、NAB後の4月23日、Adobe Premiere Pro CC用のに新たなプラグインを開発したと発表した。Insta360の6カメラ搭載型プロ用カメラInsta360Pro用の機能で、すべての360度ポストプロ作業を同ツールで実施できる。スティッチ、編集、コンテントキャプチャなどの機能をすべてPremiere Pro 上で可能になる。拡張機能は 今年の4半期中に Premiere Pro CC 2017以降のバージョンのユーザーに無償で提供される。拡張機能をインストールすると、Insta360 Proから直接データをインポートすることができ、スティッチングをする前の段階で編集を開始することができる。これにより、スティッチングの時間を短縮できる。Premiere Proの対応については、現状ではInsta360 Proについてしか言及していない。

(NAB Show 2018取材班)

関連URL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加