Creation

2018.3.29 UP

【NEWS】ソニーPCL 8K4K440インチのソニー製大型ディスプレイシステムのレンタルを開始

Crystal LEDディスプレイシステム
Crystal LEDディスプレイシステム

 ソニーPCLは、ソニーが開発した「Crystal LEDディスプレイシステム」を導入し、8K(解像度7,680×4,320 pixel)に対応した440インチ構成による大型ディスプレイシステムのレンタルサービスを4月1日から開始する。イベントやプロモーション、ショールームや展示施設などにおける超高精細映像に対するニーズへ向けて展開していく。

 「Crystal LEDディスプレイシステム」は、微細なLED素子を配列した画素を、画素ごとに駆動させる自発光のディスプレイ方式を用いており、高コントラスト、広色域の豊かな映像表現が可能。最大120fpsの映像表示が可能。
 ディスプレイユニットとディスプレイコントローラーの組み合わせにより、設置スペースや演出意図に応じた任意のサイズ構成ができる。 8K4K(解像度7,680×4,320 pixel)440インチ構成を基本に、ワイド8K(解像度7,680×2,160 pixel)400インチ、4K(解像度3,840×2,160 pixel)220インチ構成の3つのタイプを軸に展開していく。

 米ラスベガスで4月9日から開催される「国際放送機器展NAB(National Association of Broadcasters)2018」のソニーブースで、ソニーPCLが運用する440インチ構成(解像度7,680×4,320 pixel)による「Crystal LEDディスプレイシステム」が出展される。

【主な仕様】
画面解像度 7,680pixel × 4,320pixel(8K4K)
画面サイズ 横約9.7m×縦約5.4m(440インチ)
輝度 最大1,000nits
視野角 約180度
表示可能色域 sRGB比 約140%
最大入力フレームレート 120fps
入力ビット長 8/10/12bit
最大入力カラーサンプリング RGB 4:4:4/YCbCr 4:4:4

編集:Inter BEE 2018 ニュースセンター

関連URL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加