2017.11.26 UP

【Inter BEE 2017 TV】ラムダシステムズ 4K HDR対応テロップシステム「GRID-ZERO」を出展 4KとHDの同時送出に対応

4K HDR対応テロップシステム「GRID-ZERO」のデモ
4K HDR対応テロップシステム「GRID-ZERO」のデモ
4K HDR対応テロップシステム「GRID-ZERO」のデモ
4K HDR対応テロップシステム「GRID-ZERO」のデモ
4K、HD 同時送出のデモ
4K、HD 同時送出のデモ
4K HDR対応テロップシステム「GRID-ZERO」のボード
4K HDR対応テロップシステム「GRID-ZERO」のボード

 ラムダシステムズは、 4K HDR対応テロップシステム「GRID-ZERO」をはじめ、同社の各種新製品を出展した。また、参考出展として、クラウドを用いたテロップ編集やクラウド管理サービスの提案を行った。

主な出展製品
●4K HDR対応テロップシステム GRID-ZERO
 HDRに適した自由な白レベルを設定したテロップの送出が可能。HDダウンコンバート機能も持つため、4KとHDの同時送出にも対応。
 – HDR(High Dynamic Range) / WCG(Wide Color Gamut)に対応。
 – SONY SR Live for HDRに対応

●GRIDBOX
 – 新フレームバッファ GRID-μ(ミュー)初出展
 GRIDBOXを用いたテロップシステムの運用がより手頃に実現。

●GRID-VEGA向けビデオユニット拡張ボード IRIS(イリス)(新製品)
 – マルチチャンネルスーパー送出を1枚のボードで。ビデオユニット効果などでユニークな画面演出。

●テロップ受注システム(新製品)
 – WEB発注システムや報道支援システム等、複数のシステムからの発注を共通の画面で管理。

●Neo・n × クラウド 活用提案(参考出展)
 – Amazon Web ServicesとCloud Platformのパブリック・クラウドを用いたデモ
 – テロップ作成編集ソフト『SceneEditor』と吉積情報(株)『Cmosy(クモシィ)』を連携した、テロップ素材のクラウド管理サービスの提案

●ノンリニア編集ソフト向けNeo・nプラグイン
 – EDIUS対応版/Media Composer対応版/Adobe Premiere Pro対応版の最新版を展示。

●緊急情報速報システム e-Telop5
 – 気象情報、交通情報などの外部データ連携例を紹介。

●その他
 – 新機能が追加され、さらに表現力が向上したテロップ素材の作成・編集ソフト『SceneEditor5』
 – 便利な機能が追加された新しい『簡易スポーツ2』 / 各種スポーツコーダなど



(株)ラムダシステムズ
本社住所
〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-26 コア第2ビル
出展部門 /ホール / 小間番号
映像制作/放送関連機材部門 /ホール4 /4205

関連URL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加