【Inter BEE 2017 TV】 テクノロジー・ジョイント Spin Digital、BOXX Technologiesと共同出展 8K 60p HEVC マルチ3画面リアルタイム再生

2017.11.25 UP

8K 60p HEVC マルチで3画面をリアルタイムデコード・再生のデモ
BOXXワークステーション

BOXXワークステーション

 テクノロジー・ジョイントは、Spin Digital社、BOXX Technologies社と共同でInterBEE2017に出展し、Spin Digitalの8Kメディアプレーヤ、SDK、エンコーダなど、世界最先端HEVC/H.265ソフトウェアソリューションの最新バージョンをBOXXワークステーションでデモした。

 Spin Digital 8K HEVCソリューションは、Spin Digitalが開発したソフトウェアベースの8K高品質映像再生、エンコーディングのend-to-end のソフトウェア ソリューション。 BOXX Technologies社のハイエンドワークステーションをプラットフォームとして組み合わせることにより、1台のワークステーションで最大8K 60p 3面の再生が可能。安定性の高いBOXXワークステーションからデコード、再生のデモを実施した。8Kの映像制作、デモに利便性の高いソリューションを提供する。

 会場ではこのほか、 8KサポートSpin Digital HEVC メディアプレーヤのデモとして、下記のようなパフォーマンスをアピールした。 

■8K120p, 4:2:0, 10bit
 シングルソケットのCPUで8K120fps 10ビットのハイフレームレートのリアルタイム再生に対応。

■8K60p, 4:2:2, 10bit AWSクラウドエンコードとストリーミング
 クラウドコンピューティングのインスタンスを使用した効率的なトランスコード、およびHLSを使用したクラウドからのストリーミングをクラウド環境で実施。(NHKメディアテクノロジー提供)

■8K60p, 4:2:0, 10bit 小型PC再生
 小型PCで8K60p再生が可能。(エルザジャパン提供)

■マルチ8K HEVCデコーダ、 8K 60p HEVC マルチ3画面をリアルタイムデコード
 PCベースに最適化したSpin Digital HEVC SDKの最新バージョンにより、マルチ8K出力、ビデオウォールやVRに要求される8K以上の解像度(12K、16K)にも対応。1台のPCでマルチ4K及び8Kのデコード再生が可能。
 8K 60p HEVC マルチで3画面をリアルタイムデコード、4K 60p HEVC マルチで14画面をリアルタイムにデコードする。 複数ストリームが必要な監視モニタリングシステムなど、マルチビデオデコーディングに適している。
 

関連リンク
○BOXX Technology社(http://boxxtech.jp/)
 米国、テキサス州オースティンに本社を構え、VFX 、映画やテレビなどの画像処理、ゲーム開発、設計製造、シミュレーション市場などにワークステーションとレンダリングシステムの製造販売を行う
○ Spin Digital社(http://spin-digital.com/ja/)
 次世代の高品質ビデオアプリケーションのための高性能ビデオコーデックを提供。そのエンジンは、HEVC/H.265ビデオコーディング規格に準拠したオリジナルのソースコードによるもの。
○テクノロジー・ジョイント社(http://www.tjc.ne.jp/)
コンピュータ・グラフィックスを基盤にビジュアライゼーション製品、映像技術を提供。


テクノロジー・ジョイント(株)
本社住所
〒532-0003 大阪府大阪市淀川区宮原3-5-24 新大阪第一生命ビル7階
出展部門 /ホール / 小間番号
ICT/クロスメディア部門 /ホール8 /8105

BOXXワークステーション

BOXXワークステーション

SNSにて情報配信中#interbee2018

  • Twetter
  • Facebook
  • Instagram
  • Youtube