Creation

2017.11.14 UP

【Inter BEE 2017】NHKがInter BEE初出展 8K中継車など8K制作支援の最新機器出展 8K視聴を体感できる「8Kリビングシアター」や受信機器を出展 立体映像や8KVR美術館も

8K中継車
8K中継車

 NHKは、11月15日(水)〜17 日(金)に幕張メッセで開催されるInter BEE 2017に、一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)と共同で初出展する。いよいよ来年12月にBSによる4K・8K実用放送が開始となるのに先駆け、充実した制作態勢を披露する。
(Inter BEEは入場無料。事前登録制。下記にて登録受け付け中)

■スポーツ、イベントの8K放送にも対応する8K中継車
 今回出展する「8K中継車」では、さきごろ放映された「2017 NHK杯国際フィギュアスケート」など、HDRによる臨場感あふれるコンテンツを紹介する。また、8Kスーパーハイビジョンのコンテンツ制作を支援する「カメラフォーカスアシスト技術」や、フレーム周波数120Hzで撮影可能なカメラと記録装置による、世界初の8Kスローモーションシステム「2倍速スローモーションシステム」もあわせて展示する。

■家庭での8K視聴を体感「8Kリビングシアター」
 「8Kのあるくらし」をイメージした「8Kリビングシアター」では、家庭での8K視聴を体感できる。このほか、4K・8K放送を視聴する方法やパラボラ アンテナをはじめとする受信に必要な機器も紹介する。

■ネットとの連携「Hybiridcast Connect X」やインテグラル立体技術、8Kバーチャル美術館も出展
 NHKはこのほか、放送と通信の融合を提案するINTER BEE CONNECTEDのエリアで、放送番組と身近な電子機器を接続・連携させる技術基盤「Hybridcast Connect X」を出展。
 新しい映像表現の世界を紹介する INTER BEE IGNITION のエリアでは特別なめがねが不要なインテグラル立体技術による「飛び出す絵本」や、PCとソフトウェアで実現した 8K環境による「バーチャル美術館」を展示する。


■出展概要

【NHK/JEITA ブース】(ブース番号 2611)
 <8K 中継車>
 国内の各種8K番組制作や五輪中継など海外での番組制作に使用される8K中継車の車内を公開。
 <8K HDR・22.2ch 音響>
 光の明暗などをより忠実に再現したHDR映像や22.2マルチチャンネルよる3次元音響による臨場感あふれる迫力の 8K コンテンツを紹介。
<4K・8K カメラフォーカスアシスト>
 4K・8K カメラでこれまで課題となっていた フォーカス調整を容易にする技術を紹介する。
<8K2倍速スローモーションシステム>
 フレーム周波数120Hzで撮影できるカメラと記録装置を用い、動きの速い被写体もぼやけが少なく、より滑らかにスロー再生が可能なシステムを紹介。
<8K リビング>
 リビングルームをイメージしたコーナーで家庭での8K視聴を体感できる。
<4K・8K 受信システム>
 4K・8K実用放送を視聴するための受信方法や パラボラアンテナなど受信システム機器を紹介。


【INTER BEE CONNECTED NHKブース】(ブース番号 7108)
<Hybridcast Connect X で広がる 新しいテレビ体験>
 放送コンテンツを中心としたテレビとスマホ、IoT機器のサービス連携技術と事例を紹介する。


【INTER BEE IGNITION NHKブース】(ブース番号 6501,6508)
<インテグラル立体の飛び出す絵本>
 特別なめがねが不要なインテグラル立体の技術を応用し、見る位置に応じた自然な立体映像を見ることができる「飛び出す絵本」をデモ。
<8KPC によるバーチャル美術館>
 PCとソフトウェアで実現した8K環境によるバーチャル美術館。

◆Inter BEE 2017 開催概要◆
■会期:2017年11月15日(水)~11月17日(金)〔3日間〕
■展示時間:11月15日(水)・16日(木)10:00-17:30/17日(金)10:00-17:00
■会場:幕張メッセ(展示ホール1~8、イベントホール、国際会議場)千葉市美浜区中瀬2-1
■入場:無料(登録制)
■主催:一般社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)
■後援:総務省、経済産業省(建制順)
NHK、一般社団法人日本民間放送連盟、一般社団法人電波産業会(順不同)
■運営:一般社団法人日本エレクトロニクスショー協会(JESA)

関連URL
  • このエントリーをはてなブックマークに追加