出展者情報:日本アイ・ビー・エム(株)

本社住所
〒103-8510 東京都中央区日本橋箱崎町19-21
URL
http://www.ibm.com/jp-ja/
出展部門 /ホール / 小間番号
ICT/クロスメディア部門 /ホール7 /7502
出展予定機種
[ファイルベースワークフロー] [ファイルサーバシステム] [LTOテープ] [ストレージ機器] [アーカイブシステム] [クラウドサービス] [アーカイブシステム] [サーバ、HDD、大規模ストレージ]

  • 出展者プレスリリース
  • ブースの見どころ
  • 出展製品
  • イベント情報
  • お問い合わせ
  • 関連リンク

ブースの見どころ

日本アイ・ビー・エムは、大きく2つのテーマでブース展示を行います。

(1) IBM Watson & IBM Cloudを活用した次世代の映像編集ワークフロー
(2) 8Kスーパーハイビジョン対応 最新ストレージ・テクノロジー

(1) 撮影からアーカイブまでのワークフローモデルをご提案します。撮影現場のカメラからの低解像度ストリーミングを最寄りのIBM Cloud上に構築した 環境で録画し、IBM Cloud Object Storageに永続的に保存します。このIBM Cloud Object Storageに保存された映像ファイルに対してIBM Cloudサービスの一つであるIBM Watsonを活用し、即座に画像・音声分析を行います。この分析結果を保存されている映像ファイルに紐付けすることで、より付加価値の高いクラウドベース・メディアアセット管理が実現できます。一方、カメラ内部に録画された高解像度ファイルは、データテープで編集スタジオに搬入され、スタジオ内の超高速なオールフラッシュストレージに展開されます。クラウド上に作成されるメタデータやプレビューデータを使って事前段取りを行うことで、編集スタジオに高解像度ファイルが搬入された時点ですぐに完成パッケージの制作に取りかかることができます。IBM Watsonを活用したクラウドベースのメディアアセット管理と編集スタジオのオンプレミス超高速ストレージによるハイブリッド・クラウド環境は、映像制作の作業効率を高め、よりリッチな作品を短期間で制作可能とします。

(2) スタジオでの大容量8Kデータを快適に扱うための各種最新ストレージを展示しています。LTO8およびエンタープライズテープドライブに対応した最新のテープライブラリー「IBM TS4300/IBM TS4500」、業界随一の応答性能を実現したオールフラッシュストレージ「IBM FlashSystem 900」、自在にスケールするオブジェクトストレージ「IBM Cloud Object Storage」、そしてこれらのストレージ製品やクラウド環境にまたがりシングルネームのデータ保管を可能にする「IBM Spectrum Scale」をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加