出展者情報:日本ヒューレット・パッカード(株)

本社住所
〒136-8711 東京都江東区大島2-2-1
URL
http://www.hpe.com/jp
出展部門 /ホール / 小間番号
ICT/クロスメディア部門 /ホール7 /7114
出展予定機種

ブースの見どころ

主な展示は三信電気様ブース(ホール5 #5110) HPEコーナーにて実施しますので、ご不便をおかけしますが、三信電気様ブースにお越しくださるようお願い申し上げます。

日本ヒューレット・パッカード(株)、Hewlett Packard Enterprise (HPE)の展示のみどころは以下のとおりです。

1)コンテンツ管理ソリューション : HPE Media Workflow Master 3 (MWM3)
•インジェストからトランスコード、QC、パブリッシュまでのコンテンツ管理ワークフローを自動化することで、業務の効率化や複雑性を低減し、柔軟なコンテンツ管理業務を提供するソリューションです。運用コストの削減が可能となります。
•オープンアーキテクチャを採用しているため、既存のプラットフォームや放送機器を統合し、コンテンツワークフローの統一化と映像資産の一元管理を実現します。

2)コンテンツ配信ソリューション : HPE Virtual Headend Manager (vHM)
•マルチベンダーの装置を一括管理しHeadendの仮想化を実現するソリューションです。ダウンタイムの最小化とともに、効率的なリソース制御を実現します。
•新しいチャネルストリームの動的な起動を行うことが可能です。

3)視聴者体験向上に向けたソリューション : HPE Video Performance Platform (VPP)
•CDN、配信設備上のサービスリクエスト、トラフィックロードといったログデータを収集し可視化するソリューションです。早期問題解決やサービスKPIの向上を図ります。
•配信状況のリアルタイム分析や問題点のビジュアル表示を自動化することにより、ダウンタイムの削減や効率的なリソース制御を実現します。

出展製品

HPE Virtual Headend Manager

コンテンツ配信ソリューション
•マルチベンダーの装置を一括管理しHeadendの仮想化を実現するソリューションです。ダウンタイムの最小化とともに、効率的なリソース制御を実現します。
•新しいチャネルストリームの動的な起動を行う

HPE Media Workflow Master 3

コンテンツ管理ソリューション
•インジェストからトランスコード、QC、パブリッシュまでのコンテンツ管理ワークフローを自動化することで、業務の効率化や複雑性を低減し、柔軟なコンテンツ管理業務を提供するソリューションです。運用コストの削減が可能となります。
•オープンアーキテクチャを採用しているため、既存のプラットフォームや放送機器を統合し、コンテンツワークフローの統一化と映像資産の一元管理を実現します。

HPE Video Performance Platform

視聴者体験向上に向けたソリューション
•CDN、配信設備上のサービスリクエスト、トラフィックロードといったログデータを収集し可視化するソリューションです。早期問題解決やサービスKPIの向上を図ります。
•配信状況のリアルタイム分析や問題点のビジュアル表示を自動化することにより、ダウンタイムの削減や効率的なリソース制御を実現します。

その他出展製品一覧

HPE Proliant DL360 Gen10 Server
HPE Moonshot System

  • このエントリーをはてなブックマークに追加