出展者情報:興和光学(株)

本社住所
〒340-0004 埼玉県草加市弁天2-1-4
URL
http://www.kowa-optical.co.jp
出展部門 /ホール / 小間番号
映像制作/放送関連機材部門 /ホール5 /5103
出展予定機種
[レンズ] [スイッチャ]

ブースの見どころ

 今夏に販売を開始しましたパネル型HDMI/RGB対応ツイストペアケーブル延長器『KE201PT』をはじめ、入出力ボードをスロットタイプにし最大で12入力8出力まで構築できる4K対応のスイッチャー『KS1208SL』、4K対応のツイストペアケーブル延長器や分配器『KE101HT2/KE101HR2』『KE102CS』『KE104BD』、アナログ映像信号⇔デジタル映像信号を相互に変換可能なマルチコンバータ『KV301MC』、など多数展示致します。
 また、今後発売予定としております4入力1出力マルチスキャンスイッチャー『KSM0401HM2』、床下/据置対応HDMI/RGB対応ツイストペアケーブル延長器『KE201ST』などを展示致します。

出展製品

パネル型 HDMI/アナログRGB対応ツイストペアケーブル延長器 KE201PT New

CAT5e(STP)/CAT6(UTP)/CAT6Aケーブルを使用してHDMI信号、アナログRGB信号およびアナログステレオ音声信号を最長で150mまで延長できるHDBaseTに対応した送信器です。4K/60Hz(YCbCr 4:2:0) HDCP1.4/2.2にも対応しております。
ツイストペアケーブルによる延長出力のほか、選択している音声信号をステレオバランス音声信号として同時に出力します。
入力信号の切替はスイッチによる操作のほか、映像入力検知による自動切換にも対応しております。また、スイッチにはプロジェクター等の電源制御機能を割り当てることもできます。
2連のコンセントボックスに取付けが可能となっており、専用の給電ユニットを使用することで本体の電源アダプタは不要でお使いいただけます。コネクタレイアウトを縦型か横型かを選んで設置することもできます。

スロット型マトリックススイッチャー KE1208SL

入出力ボードをスロットタイプにし、最大12入力8出力に対応したスロット型マトリックススイッチャーです。HDMI、DVI、HDBaseTの入出力ボードに加え、3G-SDI、RGBの入力ボードも用意し、様々な映像・音声に対応することが可能となっております。前面パネルに5.7インチのタッチパネルディスプレイを搭載しており、操作や設定を容易に行うことができます。
入力された信号を4K/60Hz(YCbCr 4:2:0)にアップコンバートする事ができる出力ボードや、4画面合成や4画面切り出しができる出力ボードをラインナップに加え、より幅広い環境でご利用いただけます。

お問い合わせ

〒103-0023東京都中央区日本橋本町4-11-1 東興ビル4F 
営業部 映像システム課   伊藤 潤
[TEL]03-5651-7091   [FAX]03-5651-7310
[MAIL]jun-ito@kowa-optical.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加