出展者情報:(株)アイ・ディー・エクス

本社住所
〒214-0021 神奈川県川崎市多摩区宿河原6-28-11
URL
http://www.idx.tv/
出展部門 /ホール / 小間番号
映像制作/放送関連機材部門 /ホール5 /5411
出展予定機種
[ワイヤレスシステム] [電源装置] [その他放送関連機器等] [各種モニタ] [マルチディスプレイ]

ブースの見どころ

IDXはカメラ取材、撮影現場、編集現場で役に立つもの、
便利で使う人の負担を軽減するものを提供し続けていきます。
現場を強く意識した新開発商品群を手に取り、確認していただき、意見をお聞かせください。バッテリー・充電器・プレートを主軸として、ワイヤレス伝送機器、モニター、ライト、レンズコントロールシステムを展示いたします。
(1)現場の声から生まれたVマウントバッテリーのDUO-C198,C98はぜひ手にしてみてください。
(2)カメラ周辺機器に多く使われているソニーL型マウントタイプのSL-F70,SL-F50はX-Tap出力とUSB出力を持ち、ソニーU型マウントタイプのSB-U98,SB-U50はD-Tap出力とUSB出力を持っています。
(3)参考出品の新型パワーリンクバッテリーIPL-150,IPL-98。今までにない新性能・新機能がこれからの制作用カメラを強力にサポートします。
(4)充電器は超小型X-TAP充電器LC-XT1。一人取材をサポートします。
(5)ATOMOSのSUMO用のバッテリープレートA-E2ATMS。(ATOMOS様ブースでも確認いただけます)
(6)モニターは特にTvLogicから31型のHDR対応4KリファレンスモニターLUM-310R、業界初5.5型Full HD OLEDパネル採用のVFM-055A。どちらもこれからのデファクトスタンダードを目指します。
(7)ワイヤレスは参考出品で3モデル(100mモデル、300mモデル、複数同時使用モデル)を展示。IDXのワイヤレスは進化していきます。
(8)ライトは参考出品でLEDポケットライトNEZU、LEDフェイスライトKIKYO、近距離ENG LEDライトAKANE、ENG LEDライトKARASUの4モデル。KARASU以外の3モデルはまぶしくない、それでいて十分な明るさを満足させることをコンセプトに開発。
(9)レンズコントローラーはワイヤレス・ワイヤード対応のPDMOVIEシステムを3つのアプリで展示。
今回の展示ブースは各カテゴリー毎に展示台の色を変え、何がどこにあるのかすぐに見つけ出せるようになっています。ご来場を心よりお待ちしております。

出展製品

DUO-C198/DUO-C98 New

バージョンアップVマウントバッテリー
 多くのお客様に愛用していただいているVマウントバッテリーDUO-C190,DUO-C95が現場での便利さを追求した形で進化したDUO-C198,DUO-C98に生まれ変わります。進化したポイントその1 セルをさらにハイパワー化。カメラの動作時間を少しでも長くを実現。その2 10段階の残量表示でバッテリー交換時期をより細かくお伝えします。 その3 カメラとの通信をデジタル化したことで、カメラVFに残量表示が可能となりました。(カメラによっては残量が出ない場合もあります) その4 V-Touch搭載。10秒間だけほんのり光るLEDライトで、暗いところでのバッテリー装着をサポートします。 その5 滑りにくいスリットデザインに変更。手袋をした状態でのバッテリー交換時の滑りによるトラブルを軽減します。

VFM-055A/LUM-310R New

2020年オリンピックを前に、4K,8K,HDRが本格化する中、満を持してHDR対応4KリファレンスモニターLUM-310Rを出展。HDR標準規格では、コントラスト、輝度、色再現、解像度など極めて厳しい基準があります。ローカルディミングバックライト方式を採用し2000nitを確保、コントラスト比は100万:1を実現。色再現に関してはDCI-P3色域の約99%をカバーする実力を誇ります。
業界初の5.5型Full HD OLEDパネルを採用したVFモニターも展示。OLEDならではコントラスト17,000:1、DCI-P3色域の95%をカバーする再現性+低照度での色域維持を実現。各社のCAMERA LOGにも対応し現場での使い勝手を考慮。SDI⇔HDMIのクロスコンバート機能、アクリルフィルターでパネル保護、堅牢なアルミボディー、4方向にカメラねじ穴、従来比約1/2の消費電力を実現しました。

New PowerLink Battery

バッテリーを連結して使うというIDXオリジナルな発想で作られたE-HL9。このコンセプトを強化した形で開発中の新PowerLink Battery IPL-150、IPL-98の2モデルのプロトタイプを展示します。 新型の最大の特徴は、リンクシステムにあります。これまでは同型のPowerLinkバッテリー同士でしか連結できませんでしたが、新型では既存のIDXのVマウントバッテリーをリンクさせることができます。PowerLinkバッテリー対応ソフトを組み込んだVL-2000Sによる連結充電も可能で、2ch充電器での8個のバッテリー充電が可能となります。また、基本的に最背面のバッテリーから消費される機構としており、最背面のバッテリー交換時には、カメラ装着のバッテリーからの供給にショックレスで切り替わるために、ホットスワップユニット的な使い方も可能です。

その他出展製品一覧

リーズナブルな価格帯のレンズコントロールシステム。参考出品のワイヤレス伝送3モデル(100mモデル、300mモデル、複数同時使用システム)と撮影用LEDライト4モデル(ポケットタイプ、フェイスライト、近距離ENGライト、ENGライト)

お問い合わせ

〒214-0021神奈川県川崎市多摩区宿河原6-28-11

[TEL]044-850-8801  
[MAIL]idx.japan@idx.tv

  • このエントリーをはてなブックマークに追加