出展者情報:カールツァイス(株)

本社住所
〒160-0003 東京都新宿区本塩町22番地
URL
http://www.zeiss.co.jp/camera-lenses/cinematogaphy
出展部門 /ホール / 小間番号
映像制作/放送関連機材部門 /ホール6 /6406
出展予定機種
[レンズ]

出展者のプレスリリース

2017-11-08
『Inter BEE 2017』出展のご案内

ブースの見どころ

今年NABで発表されたZEISSの第3世代シネプライムレンズ、CP.3シリーズとCP.3 XDシリーズ、および今年1月より出荷開始されたシネズームレンズLWZ.3を、それぞれ実際にカメラに取り付けて展示および機能デモンストレーションを行います。

出展製品

ZEISS CP.3 XDシネプライムレンズ New

今年のNABで発表、IBCでも高い注目を集めたのがツァイスの交換マウント式シネプライムレンズの第二世代となる「CP.3」シリーズです。
中でも「ZEISS eXtended Data」内蔵の「CP.3 XD」シリーズは、これまでMaster Primeなど一部のシリーズでのみ可能だった、レンズメタデータが読み取れる画期的なシネプライム。撮影現場のモニターで補正前後の映像が簡単に確認できるようになるほか、撮影前後に要する作業を軽減し、ひいてはポストプロダクションにかかる時間とコスト削減を実現。映像制作現場におけるワークフローの効率化に大いに貢献する画期的なシリーズの誕生です。

ZEISS CZ.2シネズームレンズ

「ZEISS Cinema Zoon CZ.2」シネズームレンズシリーズは、フルサイズセンサー対応。高画素収録に応える解像度と高いコントラストを兼ね備え、「Master Prime」などのZEISSのハイエンドプライムレンズと組み合わせて使うことを想定し開発されました。円形絞りによるシネレンズ独特のルックと滑らかなボケ味のある映像が特徴です。シリーズレンズ3本で超広角15mm から望遠200mm までをカバーします。
ズームシフトとブリージングを徹底的に補正、ディストーションを極限まで抑えた歪みのない映像は、高い精度が要求されるVFX合成用シーンや、広角からのクローズアップなど、幅広いシチュエーションの撮影に最適です。

ZEISS LWZ.3シネズームレンズ

「ZEISS Lightweight Zoom LWZ.3 21-100mm/T2.9-3.9 T*」はスーパー35mm判センサーをカバーし、プライムレンズに匹敵する解像力とシャープネスを達成したシネマズームです。
またツァイス独自のT*(ティースター)コーティングにより不要な反射を軽減してコントラストを高めたほか、ズームによるT値ドロップが極めてリニアでスムーズなため、ズーム全域にわたって安心してお使いいただけます。本レンズは名前の通り高画質を維持しつつ2.0kgと軽量、また胴を絞ったコンパクトなデザインが特徴で、特にカメラを肩に載せるドキュメンタリースタイルの撮影シーンにおいてカメラマンの疲労を軽減します。
また従来のCP.2およびCZ.2シリーズのレンズ同様にIMS交換マウントを備え、使用するカメラのマウントが変わってもひとつのレンズを長く使い続けられるという資産価値も魅力です。

その他出展製品一覧

ZEISS Otus スチルレンズ
ZEISS Milvus スチルレンズ
ZEISS Loxia スチルレンズ
PowerVision PowerRay 水中ドローン

お問い合わせ

〒160-0003東京都新宿区四谷本塩町13-11
カメラレンズディパートメント, シネマプロダクツ   小倉新人
[TEL]03-3355-0334   [FAX]03-3359-6760

  • このエントリーをはてなブックマークに追加