出展者情報:フラウンホーファーIIS

本社住所
〒 Am Wolfsmantel 33, 91058 Erlangen, Germany
URL
http://www.iis.fraunhofer.de/ja/bf/amm.html
出展部門 /ホール / 小間番号
プロオーディオ部門 /ホール2 /2307
出展予定機種
[音声圧縮・伝送技術] [ラジオ放送用システム] [VR(バーチャルリアリティ)] [オーディオ・アーカイブ] [地上デジタルテレビ放送システム] [マルチメディア放送] [4G/5G]

ブースの見どころ

高度なオーディオ技術に関しては、フラウンホーファーIISは業界内で傑出した存在です。mp3の開発やAACの共同開発から放送用オーディオ・エンターテイメントの未来に至るまで、フラウンホーファーIISはサウンド分野でさまざまなイノベーションを実現しています。また、1000社以上のライセンシーを有しており、これまでに100億を超える製品の誕生を可能にしてきました。
今回のInterBEE 2017では、最先端のオーディオ技術であるFraunhofer Cingo、MPEG-H Audio、xHE-AACを展示します。

出展製品

Fraunhofer Cingo®、クラス最高の没入型サウンド体験 New

Cingoは、VRデバイスとアプリケーションでの3Dオーディオ・レンダリングを最適化して高度な没入感を実現し、「臨場感あふれる」体験を生み出します。Cingoのリファレンス・ユーザーには、GearVRの第1世代にCingoを統合したSamsung、LG 360 VRメガネを開発したLG、モバイルやテザリングVR体験用にCingoをアプリに統合したHuluなどが含まれます。
臨場感あふれるサウンドに加えて、Cingoには、タブレットやスマートフォン等のモバイルデバイスでメディア・コンテンツを再生する際に、ステレオスピーカーやヘッドフォンに秀逸なサラウンド・サウンドを送り出す能力があります。
Cingoによるラウドネス最適化のおかげで、騒音環境下でも明瞭で聞き取りやすいサウンドが生み出されるため、会話や説明をクリアに聞き取ることができます。Cingoは今や世界中の機器で利用されています。

Cingo Composer: VRの没入型サウンド制作を簡素化 New

VRの没入型サウンドを簡単にミキシングできるツールをお探しなら、InterBEEの会場でぜひCingo Composerプラグインをご覧ください!当社が最近リリースしたプラグインのベータ版を利用することで、サウンド設計者はFraunhofer Cingoを使用して、オーディオ・チャネル、アンビソニック・オーディオ、オーディオ・オブジェクトを簡単にミキシング、パン、モニタリングできるようになります。
このプラグインでは、MPEG-H対応のオーディオ・エッセンスとメタデータのエクスポートだけでなく、レガシー・プラットフォーム用のFOAと5.1のエクスポートがサポートされています。そのため、配信チャネルの種類を問わず、ミキシングは一回で済みます。

MPEG-H 3D Audio: 4/8K TV用の新オーディオ・コーデック New

MPEG-H 3D Audioは、地上波4/8KTVで使用される次世代オーディオ・システムです。今年5月から、韓国の新しいUHDテレビ・システムはMPEG-H Audioを利用して放送されています。この新しいオーディオ・コーデックにより、来年開催される冬季オリンピックの放送を、韓国の視聴者はより一層楽しむことができることでしょう。以下のように、視聴者は番組のオーディオ・ミックスを各自の好みに合わせて設定することができます。
◾︎言語一覧から特定言語を選択、会話の聞き取りを練習する
◾︎解説者の音量を設定したり、アナウンサーやサイドラインのmicの音声を個別に聞き取る
更にMPEG-H 3D Audioの没入型3Dサウンドにより、真にリアルなサウンド体験が実現します。
MPEG-H TVオーディオ・システムは、ATSC3.0規格及びDVB A/Vコーコーデック仕様の一部となっています。

その他出展製品一覧

xHE-AAC
デジタル・ラジオおよび低ビットレートのオーディオ・streamingアプリケーションに最適なオーディオ・コーデック
(12kbit/sステレオ,8 kbit/sモノ)

イベント情報

InterBEEカンファレンス

実施日 : 11月17日(金)

セッション:多様化するコンテンツ制作を支える最新テクノロジー
ナワビ・ファヒム公演
「Cingo® & MPEG-H、VR及び次世代テレビの没入型オーディオ」

お問い合わせ

〒090-4077-7609
フラウンホーファーIIS,日本代表   ナワビ ファヒム

[MAIL]fahim.nawabi@iis.fraunhofer.de

関連リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加