出展者情報:エイチ・シー・ネットワークス(株)

本社住所
〒111-0053 東京都台東区浅草橋1-22-16 ヒューリック浅草橋ビル4F
URL
http://www.hcnet.co.jp
出展部門 /ホール / 小間番号
映像制作/放送関連機材部門 /ホール5 /5502
出展予定機種
[デジタルアーカイブ] [IP伝送]

ブースの見どころ

 弊社は柔軟なワークフローを支える堅牢なIPインフラの提供を使命とし、【映像伝送のIP化】に専門性を持つネットワークインテグレーターです。
 現在の放送設備における映像伝送で使われる規格はSDIが主流ですが、今後、4K・8Kによる超高精細放送サービスの実用化にあたり、大容量の伝送が必要になります。しかし、伝送に使う機材をIP対応にするだけで、本来の使い勝手や保守性が従来と比べ、著しく低下するようでは本末転倒です。
 そこで弊社は旧日立電線時代から培ってきた放送業界での経験やノウハウを生かし、製品やサービスに反映させることで、【堅牢なIP伝送ソリューション】を提供し、次世代放送サービスを下支えして参ります。

≪展示内容≫
1.エンドtoエンド Video over IPソリューション
  ソニー様「IP Liveプロダクションシステム」と弊社の汎用(COTS)スイッチを接続し、ブース間でリアルタイムIP伝送のデモを実施予定です。

 <弊社の汎用(COTS)スイッチや付属製品の特長>
  ・国内メーカーならでは品質と放送システムにおける豊富な実績
  ・40G~100Gbpsの広帯域通信をサポートし、スタックや高速切替機能などにより
   安定した通信環境を提供
  ・SDカード保守機能により、放送機器専門の保守員の方でも容易に装置交換が可能
  ・長期保守サポートや製品供給体制により、放送システムの長期運用を支援
  ・中継車設備にも耐える小型・耐環境・10Gbpsスイッチのラインナップ
  ・荷重や屈曲性に優れた高強度光ファイバーケーブル

2.局間伝送ソリューション
  ・長距離拠点間通信用に100Gbpsの広帯域通信を実現する光伝送装置
  ・モバイル回線にも対応した高速大容量ファイルの転送用ソフトウェア
  
3.屋外無線LANソリューション
  ・民放キー局様のゴルフ中継で採用された無線LANを活用したIP音声中継システム
  ・基地局~現場間は移動通信可能な長距離無線LANによる接続
  ・現場のWi-Fi環境は独自のDFS障害回避技術により、ライブ放送に耐える安定した無線通信を実現

出展製品

APRESIA NPシリーズ

ファイルベースシステム、マスター、アーカイブなどでは、1,000台以上の実績(2009年4月~2017年9月分)があるAPRESIAの最新版としてNPシリーズをリリースしました。

国内メーカーによる大容量伝送、長期保守、簡易交換(SDカード)のソリューションにて、日本の放送システムにおけるさまざまなIP伝送(IPルーティングスイッチャー向けCOTSスイッチ、4K用、中継車向け小型・耐環境伝送路など)をインテグレートします。

■展示予定品
ApresiaNP7000-48X6L(ポート構成 SFP/SFP+×48ポート、QSFP+×6ポート)※リリース済
ApresiaNP8000-32XL(ポート構成QSFP+×32ポートおよび40G<-10G×4本に分岐するブレークアウトケーブ) ※2018年3月リリース予定(モック品として展示します)

ALAXALAシリーズ

シャーシ型をメインに大規模IPルーティングスイッチャーに適した製品です。
※最大40Gbps×128ポート(または100Gbps×16ポート)

国内メーカーによる大容量伝送、長期保守、簡易交換(SDカード)のソリューションにて、日本の放送システムにおける大規模向けのIP伝送をインテグレートします。

■展示予定品
AX4630S-4M(ポート構成QSFP+×24ポート)

お問い合わせ

〒111-0053東京都台東区浅草橋1-22-16ヒューリック浅草橋ビル4階
営業本部/第二営業部/第三営業グループ   員弁一泰
[TEL]03-6381-0352   [FAX]03-5822-0564
[MAIL]kazuhiro.inabe.bq@hcnet.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加